アンカーボルト

2010年11月23日

事例324(アンカーボルトの位置が悪い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 ここ最近、毎日アマゾンから本が届く。
 
 専門書やビジネス書など思いつきで
 買ってしまっているからです。
 
 
 仕事が忙しくても、合間の時間で本を読んでます。
 
 業者へ指示する立場、
 専門書を中心に、知識のインプットを大事にしています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの位置が悪い」
 ________________________
 
 324

  








 
 ◆写真解説
 
 柱がくる位置にアンカーボルトがある。
 
 これでは緊結が十分できない。

 
 ◆内容説明
 
 写真の穴になっている部分は
 柱の「ほぞ」※が入ります。
 
 ※「ほぞ」(木材を接合するための突起)
 
 この部分にアンカーボルトがくると
 座金が十分に効かないし、
 柱の「ほぞ」を削ることになります。
 
 
 最近の検査で、未だにアンカーボルトを
 コンクリート打設後に入れている現場を見た。
 
 フラット35の仕様書では、これは禁止されていますし、
 品質確保を考えると、やるべきでない施工。
 
 
 なぜ、現場監督が指導できないか
 不思議です。
 
 
 ◆対策
 
 図面上でのミスをなくすこと。
 アンカーボルトを事前に設置し、位置を検査する。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 断熱材がない!
 大工が足らない!
 
 現在、住宅バブルの現象が起きています。
 
 そのけん引役は、パワービルダー※と呼ばれる業者と
 ローコストメーカー。
 
 ※パワービルダー
 大手のハウスメーカーが手掛けないような狭い土地に、
 小型物件を圧倒的な低価格で積極的に供給する
 
 
 現在、これらの仕事をする職人は、相当忙しい。
 
 人手が足らないから、早く終わらせて、
 次の現場へ入らないといけない状況になっている。
 
 この状況で、仕事が雑になる傾向を感じています。
 
 また、現場監督も忙しいので
 能力オーバー状態の人を見かける。
 
 
 これから年末、3月に向けて、
 ますます忙しさが増すと思います。
 
 せっかくお値打ちに購入したのに
 欠陥だったと後悔しないようにしたい。
 
 安心を買うなら、
 アーネストワン、一建設、サンヨーハウジング名古屋
 など、株式を公開している住宅専門会社の物件を買うと、
 大きなミスがある確率は低い。
 
 ここ最近の基準、法律の改定内容が難しく
 きちんと細部まで理解できているのは
 やはり企業規模が大きい会社です。
 
 こんなことを言うと、個人的に大手を「ひいき」
 しているように聞こえますね。
 
 そんなことはありません、個別相談に来られた方には
 買ってはいけない大手メーカーを、いくつか教えています。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月16日

事例322(アンカーボルトの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は、打ち合わせや相談類が多く
 予定の空きは、わずかしかありません。
 
 いつも、一週間くらい先の予定はガラ空きなのに
 直前になると、このように予定が埋まります。
 
 
 もう慣れましたが、
 前もって、遊びの計画が、たてられない仕事です。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの不備」
 ________________________
 
 322
 









 
 ◆写真解説
 
 土台ジョイントの押さえ側に、
 アンカーボルトがない。
 
 これでは基礎との緊結にならず、ダメです。

 
 ◆内容説明
 
 建築基準法施行令 第42条2
 「土台は、基礎に緊結しなければならない」
 
 土台の継ぎ手が動かないよう、緊結状態にするには
 
 継ぎ手部分、男木(上木あるいは雄ともいう)側の
 腰掛部分から120mm前後の位置に
 アンカーボルトが必要。
 
 
 写真の例は、付近にアンカーボルトがない。
 
 
 アンカーボルトの位置を決めるときに
 土台ジョイントを考慮しなかった。
 設計、現場がいい加減な場合に起きやすい例です。

 
 ◆対策
 
 あらかじめ図面上で、アンカーボルトの位置と
 土台ジョイントの位置をチェックする。
 
 あとは、コンクリート打設前に
 アンカーボルトをセットし、位置を確認する。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 最近、検査で目立つ指摘は
 
 長期優良住宅の仕様で、省エネルギー対策等級4や
 火災保険の割引がある、省令準耐火仕様の
 施工方法が、間違っている。
 
 
 法律、基準は難解なため
 新たにこれらを採用し、即理解ができるのは
 大手ハウスメーカーくらい。
 
 多くの業者は、これらに対する現場のチェックが
 ほとんどないため、間違いに職人さんたちが
 気が付くことがない。
 
 
 性能が高い家を注文したのに
 ・寒い
 ・耐火性能が劣る
 ようでは納得がいきません。
 
 
 これらの施工方法が完全に広く認知されるまで
 もう少し時間がかかるでしょう。
 
 隠れてしまう部分が多いだけに
 施工中のチェックが重要です。
 
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月29日

事例317(アンカーボルトのズレ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝、直行で愛知県瀬戸市の現場へ
 行ってきました。
 
 狭い山道を抜けたところにある現場、
 資材運搬など大変だったと思います。
 
 そこは、車の向きも、かえられないような
 土地だからです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトのズレ」
 ________________________
 
 317

  








 
 ◆写真解説
 
 アンカーボルトのズレが大きく、
 座金及びボルトの上部が土台からはみ出している。
 
 これでは緊結が不十分。

 
 ◆内容説明
 
 分譲住宅の購入前検査で
 床下に潜り発見。
 
 この建物は2×4。土台の幅は約90mm。
 アンカーボルトは芯から40mmほど、
 横にズレています。
 
 ここまでズレたら、説明するまでもなく
 明らかにNG。
 
 補強が必要になります。
 
 
 このようになった原因は、
 アンカーボルトを「田植え方式」で設置したためらしい。
 
 「田植え方式」とは田植えをするように
 コンクリートを流し込んだあと、固まるまでの間に、
 アンカーボルトを差し込む方法。
 
 この方法は、アンカーボルトの高さのばらつき、
 入れ忘れ、ズレが生じやすいです。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリートを打設する前に
 アンカーボルトを設置し、位置を確認する。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 先回、予告した週刊文春の
 「大改造!! 劇的 ビフォーアフター」が
 我が家を台無しにした、という記事。
 
 読んでない人のために少し内容をまとめますと
 
  昨年11月放映された築48年の東京都N邸の大改造。
  主な目的は、2軒をつなげた家であるため、
  室内にある段差の解消と、家の耐久性UP。
  
  番組のファンであり、依頼したら出演が決定。
  
  工事の結果、段差は解消されていない、
  前より暗くなった、耐震性、耐火性、断熱性など
  工事前より悪くなったなど、内容に納得できない。
  
  相手側は事前に納得してもらったと主張。
  打ち合わせは工事完成までに4回、匠と会ったのは2回。
  
  工事費用は2000万円かかり、内1500万円がローン。
 
 
 完成時に驚かすために、
 工事途中、現場を確認できないから、食い違いが出て当然。
 
 匠の技量やその人の仕事ぶりから
 中には満足する人もいると思いますが
 
 Nさんのように完成したものに
 不満な人は相当数いるはず。
 
 
 
 私も過去に、建築家が賞を取るために
 全てお任せで造った家に数件、関わったことがあります。
 
 デザインに施主は満足していましたが
 機能的な事などは、かなり不満を示してました。
 
 また、住んでみたら、寒い、暑い。
 無理な屋根のデザインから雨漏りしたりと
  
  トラブルが多発。
 
 
 簡単に建替えられるものではないため、
 
 造る側の自己満足や、
 実験的な目的で家を造られたら、たまりません。
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 

iekensa at 15:26|Permalink

2010年10月22日

事例315(アンカーボルトの出)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日飛び入りで入った予定、
 偶然、3件目に予定していた現場から
 
 徒歩2分のところにありました。
 
 移動時間が短いのは助かります。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの出」
 ________________________
 
 315

  







 
 ◆写真解説
 
 アンカーボルト上部の出が必要以上に長い
 =基礎への埋め込みが4CMも不足していた。
 
 
 ◆内容説明
 
 アンカーボルトは基礎へ
 250mm以上の埋め込みが必要です。
 
 よく使われるアンカーボルトは長さが400mm。
 250mm埋め込むと、基礎から上に出る長さは
 150mm以下となります。
 
 
 基礎の上に載る土台が105mm、
 基礎パッキンが20mmあると
 
 土台から出るアンカーボルトの寸法は
 たった25mm。
 
 座金、ナットを取り付ければ
 出る寸法はもっと小さい。
 
 
 不自然に長い場合は、埋め込み不足を疑ったほうが良いです。
 
 
 120mmの土台を使う場合など
 稀に、長さ450mmを使っている会社もあります。
 
 
 基礎と躯体を接合するアンカーボルト、
 間違いなく施工することが重要。
 
 
 
 ◆対策
 
 図面が間違ってる。
 図面に記載していない。
 
 どちらかの例が多いです。
 
 図面にきちんと
 アンカーボルトの種類、
 埋め込み深さ(又は、基礎からの出)が記載してあれば、
 ミスする確率はほぼ0に近いでしょう。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
  「信じ込みは怖い」
 
 
 中国で反日デモしている人に
 日本側から事実を伝えても聞かないでしょう。
 
 死ねば天国へ行けて、現世よりいい生活が待っていると
 信じている自爆テロを実行するテロリストに
 日本人が考えを変えさせることは無理でしょう。
 
 もちろん信仰は自由ですし、人に迷惑をかけなければ
 第三者がとやかく言うことではありません。
 
 
 先日も紛争処理の話し合いの場で、
 思い込みから「損しているな」と思える人に会いました。
 
 
 その人は、個人的に信頼できる人からの話を
 信じて疑わず、常識的なことが頭に入らない。
 
 特定の宗教を信仰している人に、
 教えの反対を言うようなもので、
 私が意見を言っても、話はこじれるだけと判断し、
 相手の話を聞く側に徹しました。
 
 
 紛争は相手があるので、
 お互いが、納得できないと最終、
 裁判で決着をつけるしかありません。
 
 
 事例自体もひどいものではなく
 冷静に判断すれば、すぐ解決できる事なんですが、
 強い信じ込みが事を難しくしています。
 
 
 
 偏った認識にとらわれないため、
 反対側の情報を取ることも大事です。
 
 私は「外張り断熱がいい」という本があると
 反対の「外張り断熱はダメ」という本を読んだりします。
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 

iekensa at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月18日

事例278(ホールダウン埋込み不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 夜の事務所。
 窓から聞こえる「かえる」の鳴き声。
 
 事務所は瀬戸街道から1本だけ南に
 入ったところにあります。
 南側は意外と空き地や畑があります。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「埋込み不足」
 ________________________
 
 278 




 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 ホールダウンボルトの埋込み不足。
 
 刻印(矢印)のところまで
 コンクリートに埋込まないといけない。
 
 約10mm不足。


 
 ◆内容説明
 
 ホールダウンボルト。
 
 大地震時に柱が抜けないように
 基礎から引っ張るボルト。
 
 
 仕様規定によれば、引き抜き力25KNまでの
 ホールダウンボルトの埋込み深さは360mm。
 
 ちなみに30KNは426mm、
     35KNは497mm
  (製造メーカーによって多少違いあり)
 
 
 ベタ基礎の立ち上がり高さが
 内部で360mm以下ですと
 埋め込み不足を起こしやすい。
 
 
 少々埋込み不足でしたら
 構造計算で安全を確かめる事ができます。
 
 しかし、規定で決められた埋込み深さを
 守ることは大切です。
 
 
 
 ◆対策
 
 正確な基礎図面を書くことと
 
 現場での検査が重要。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記


 検査に行ったあと、
 書類を書くのは結構大変。
 
 特に指摘が多いほどその負担は増します。
 
 
 最近、いろいろな検査で指摘数が多い傾向にある。
 
 
 細かな基準までも指摘をするため
 指摘が多くなるのですが、
 
 
 あまりにも基準を知らずに
 施工している現場が多い。
 
 
 末端の職人さんへ
 基準を理解させるシステムがない。
 
 これが問題です。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 


iekensa at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月25日

事例271(アンカーボルトの切断)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雨上がりは「雨漏り検査」が多い。
 今日も午前中1件、行ってきました。
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの切断」
 ________________________
 271
 
 


 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 現場判断でアンカーボルトを切断。
 これに対する補強、補修はなし。

 
 ◆内容説明
 
 切断した理由を聞くと、
 
 基礎の上に壁がのらないから
 土台のサイズを小さくした。
 
 その結果おさまりが悪くなり
 アンカーボルトを切断してしまった。
 
 
 設計者は基礎を構造的に検討していた。
 
 まさかアンカーボルトが切られるとは
 思っていないでしょう。
 
 
 図面どうりでない施工です。
 
 
 
 ◆対策
 
 設計者の監理がほとんどの現場で
 機能していない。
 
 
 こういう瑕疵に対する対策は
 やはり現場検査しかないと思います。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 新たに住宅検査業務を始めたい建築士に
 動機を聞くと
 
  「本業が暇だから」
 
  という返事が多い。
 
 正直でいいと思いますが
 
 本業のかたわら、時間が空いたときに
 検査をやる。
 
 きちんとした検査は
 そんな都合のいいものではない。
 
 
 家は購入者にとって大きな買い物。
 だから、いい加減ではいけない。
 
 
 「志」がなく、検査をしていると
 
 障害が起きたときに
 適当になったり、逃げてしまうでしょう。
 
 
 正義を貫くのが難しい業界。
 
 「志」は技術と同様に重要です。
 
 
 検査を誰にしてもらうかが
 今後、重要になるでしょう。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 

iekensa at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月11日

事例267(アンカーボルト入忘れ)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 周りの影響を受け
 ツイッター登録しました。
 
 まだ、使い方のマニュアルを読んでいる段階、
 
 使って慣れるしかないですね。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルト入忘れ」
 ________________________
 
 267
 



 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 アンカーボルト入忘れ。
 図面は間違っていなく、施工ミス。
 
 躯体と基礎の緊結ができない。

 
 ◆内容説明
 
 アンカーボルトは基礎と躯体を緊結する
 構造的に非常に重要な部材。
 
 「なし」のままでは問題が大きい。
 
 
 
 この状況になると
 通常、是正はケミカルアンカー
 (接着系アンカー)に頼るしかない。
 
 
 この施工がいい加減な場合
 接着力が不十分になるため
 
 専門職による
 確実な施工が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 まずは図面が間違っていたらダメなので
 図面をチェックし
 
 現場では、あと入れの「田植え」を
 やめさせて、事前に本数、位置を検査をする。
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 名古屋の大手分譲住宅会社。
 
 
 先月検査した現場は
 今年一番と言っていいほど、ほぼ「完璧」。
 
 担当者の対応も良かった。
 
 
 すごくいいイメージをもった矢先、
 同じ会社の物件の検査依頼が来た。
 
 
 しかし、当社が見ることを今回の営業が拒否。
 
 
 
 この営業担当、
 何で現場の公開を拒むんでしょうか。
 
 
 それは会社や自分のためでしょう。
 
 
 お客さんにとっては一生に一回の大きな買い物
 
 情報閉鎖することを
 おかしいと思わないんでしょうか。
 
 
 たぶん、
 売れれば何でもいいんですね。
 
 
 
 だから不動産業界はいつまでたっても
 
  怪しいと思われるんですね。
 
 
 
 人気ブログランキング
 

iekensa at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月19日

事例252(アンカーボルト付近のはつり)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日伺った現場。
  外部で違法工事を発見。
 
 
 私は今日、1回限りの検査。
  今まで誰も気が付かないのは不思議です。
 
 やはり、気にしないと見えないんでしょう。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルト付近のはつり」
 ________________________
 
 252
 




 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 玄関ドア枠を入れるため、
  アンカーボルト付近のコンクリートを削り取った。
 
 引き抜き力などに影響が出る。
 
 
 
 ◆内容説明
 
 基礎と躯体を緊結する「アンカーボルト」
 
 引抜き力はコンクリートの付着力や
  埋込み深さに比例する。
  
  
 写真の現場がどのくらい
  耐力の余裕をみてあるか不明ですが、
  削り取った分だけ弱くなっていることは確実。
 
 
 
 ◆対策
 
 基礎図面と躯体図面を照合すれば
  防げるミス。
  
 
 面倒な作業ですが、おこなうべきです。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 広告は「嘘」をつく。
 
 ある方から聞いた言葉を
  最近、思い出すきっかけになったこと、
  
  
 それは、
 
 「ラジオショッピング」です。
 
 
 商品は日替わりなのに
  説明は似たパターン。
  
 
 「自分が試して・・」というのもありますが
  ほとんどは、友達が試して○○とか・・
 
 本当か?と思える2次情報が多い。
 
 
 毎日聞いていると、どれだけ商品が良くても
  「うさん臭く」聞こえます。
 
  
 住宅の広告でも「嘘だな」と思うものが
  たくさんあります。
  
  
 欲求が強いと
  得する情報などに引っかかりやすく、
  
 冷静に判断する習慣を付けたいです。
  

iekensa at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月16日

事例243(アンカーボルト入忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨晩、3年使っている
 キャノンの複合機が故障しました。
 
 
 部品取り寄せのため修理は今日でなく明日、
 
 コピーとFAXが使えないのは不便ですね。
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルト入忘れ」
 ________________________
 
 243
 
 




 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 土台ジョイント部を緊結する
 アンカーボルトがない。(赤丸付近)
 
 
 建築基準法違反です。
 
 ・建築基準法施行令第42条
 土台は、基礎に緊結しなければならない。
 
 ・建築基準法施行令第47条
 構造耐力上主要な部分である継手又は仕口は、
 ボルト締、かすがい打、込み栓打その他の
 国土交通大臣が定める構造方法により
 その部分の存在応力を伝えるように
 緊結しなければならない。


 
 ◆内容説明
 
 家で使われる木材の最大長さは
 通し柱を除くと4Mが多い。
 
 ですから、
 土台もどこかでジョイントが出ます。
 
 きちんとアンカーボルトで抑えるなど
 緊結すれば問題はありません。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 アンカーボルトの位置に気を使えば
 このようなミスは起こりません。
 
 基礎伏図に土台のジョイント位置を書く。
 
 一部のメーカーさんでは必ず記載されています。
 
 

 
==========================

■(2)編集後記


 現在、当社のHPのトップに下記の表示があります。
 
  家購入成功の秘訣は
 
  1、きちんとした設計
    (いい依頼先の選択)
 
   
 
 私のように多くの会社を見ていれば
 「ここの会社は絶対によくない」とかわかりますけど、
 
 普通、いい依頼先を見つけることは
 
 簡単ではありません。
 
 
 私に質問してくれれば個人的には教えますが
 地域が限定されてしまうので
 
 業者選びなどで
 失敗しないためのお薦めメルマガを紹介します。
 
 
 
 いろんな一戸建て注文住宅建設の悩みを解決してくれる
 ダブルスネットワークhttp://www.cms-hiroshima.com/
 
 若本社長のメルマガを紹介します。
 
 
 
 家づくりで泣く人・笑う人
 
 『建築コスト削減術』や『業者選びのコツ』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』、『住宅ローン攻略法』、
 『設計事務所の選び方』など、
 
 家づくりに失敗しないためのプロの助言。
 同名の書籍もニューハウス出版から発売中!
 
 http://www.mag2.com/m/0000123172.html
 
 
 是非、興味のある方はご登録してみてください。

iekensa at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月17日

事例219(アンカーボルト必要な箇所にない)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 土、日は八戸にいました。
 今日の名古屋の寒さよりずっと寒かったです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「アンカーボルト 必要な箇所にない」
 ________________________
 
 219 




 


 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 引き抜き力のかかる柱。
 土台と柱は金物がしっかり付いているが、
 基礎と緊結するアンカーボルトの施工がない。
 
 
 ◆内容説明
 
 土台に「10K」と書いてあるように
 この柱には10KNの引き抜き力がかかる。
 (1t=9.80665kN )
 
 
 この部分、引き抜き力がかかれば
 土台を浮き上がらせるため
 柱芯から200mm以内にアンカーボルトを
 入れないといけません。
 
 この件は大手の会社では
 ほとんど守られているが
 一部未だに守られていない現場もあります。
 
 公庫仕様書では筋交いが付く柱付近は
 全てアンカーボルトが必要としています。
 
 
 ◆対策
 
 木躯体と基礎図面の照合と
 アンカーボルト検査が必要です。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今月は出張が多く、
 出張中の仕事の不便をいろいろ感じています。
 
 現在、モバイルパソコンは持っていき
 ある程度、仕事は出来ていますが
 どこでもすぐに
 というわけにはいきません。
 
 
 私の不便=お客様へ迷惑がかかるものもあり
 いろいろ考えた結果、
 
 iphoneが良さそうで
 今、iPhone情報整理術という本を読んで検討しています。
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4774140279
 
 
 ただし、ドコモなどから移る場合は
 手続きが面倒そうですね。

iekensa at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)