2011年12月09日

事例433『防水テープの不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝は現場直行で、2件検査してきました。
 
 朝早いと、やはり寒い。
 風がまともに当たる屋根の上が、一番寒かったです。
 
 
■(1)今回の事例____________

  「防水テープの不備」
 ___________________
 
 433

 
 
 
 ◆写真解説
 
 窓まわり、両面防水テープ(黒色)と防水紙が接着していない。
 サッシ部への雨漏りの原因になる。
 
 
 ◆内容説明
 
 写真の箇所、通常はしっかり接着していて
 紙がめくれるようなことはない。
 
 紙とテープをしっかり密着させるには
 人の手で、抑えないとダメです。
 
 その作業を手抜きした事例。
 
 
 現状のまま放置すれば、外壁材内へ雨が入った時、
 この部分からサッシ上に雨漏りする。
 
 
 ◆対策
 
 外壁が仕上がってしまうと、確認不可能。
 
 外壁の防水下地検査でチェックする。
 
 
 
====================

■(2)編集後記

 
 「リフォーム詐欺」
 
 何となく聞いたことがある言葉だと思います。
 実は、新築でも詐欺業者は存在します。
 
 詐欺の手口は、最初お値打ちに見せかけ、契約させる。
 契約後に、これは見積に入ってなかったとか、
 いろいろ理由をつけて、追加料金をぼったくる。
 
 
 現在関わっている事件。
 依頼者は、大きな変更などしていないのに
 何百万円も請求されています。
 
 払うまで現場はストップ。
 早く住みたければ金払えと言っている。
 
 
  初めて家を買う
  専門的なことは分からない
 
 大半の人が当てはまる
 この条件に付け込まれたようです。
 
 現在、法的手段で対抗するか検討中。
 
 
 家は一生のうちで一番大きな買い物。
 悪徳業者を見分ける目を持っていただきたい。
 
 
 具体策をひとつ紹介すると、
 契約前に、第三者検査を入れていいか聞いてみる。
 
 私と裁判などで関わった悪徳業者は、
 当社が検査に入るなら、契約はできないと言います。
 
 悪徳業者は、私のような第三者の介入を嫌がります。
 素人騙しが、できなくなるからです。
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 


iekensa at 15:05│ 外部防水下地