2011年11月25日

事例429『アンカーボルトが出すぎている』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 朝一番で、自宅から徒歩3分の現場検査に行ってきました。
 今日の検査予定は夕方にあと1件。
 
 この時間、事務所にいるのは久しぶりです。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「アンカーボルトが出すぎている」
 __________________
 
 429


 ◆写真解説
 
 1本だけ、アンカーボルトが出過ぎている。
 基礎への埋込み不足+これではナットが締まらない。
 
 
 ◆内容説明
 
 通常より10CMほど余分に出ている。
 
 アンカーボルトの施工方法は、生コン打設時に入れる「田植え式」
 
 ねじ山の部分が限られるので、これではナットが締まらない。
 10CMも上に上がると、埋込み深さが足らず、
 引き抜き力低下につながる。
 
 
 なぜ、コンクリートが固まる前に
 職人が気づかないのか?
 
 たぶん、すぐに次の現場へ行かないといけないなど、
 急いで仕事していたからでしょう。
 
 コンクリート打設は、十分手をかけないと
 空洞やひび割れの原因になります。
 
 現場でじっくり手をかけていれば
 これは、気がつくはずです。
 
 
 ◆対策
 
 アンカーボルトを型枠にきちんと止めてから
 コンクリートを打設する。
 
 
 
=====================

■(2)編集後記

 
 少し前に「FREE]という本が話題になったように
 巷で、無料のものが増えている。
 
 何でも無料が良いのか?
 もちろん金銭的には、当たり前です。
 しかし、その裏側をきちんと理解して利用しないといけない。
 
 
 住宅紛争も無料または、安くできることを願う人は多い。
 安いだけで飛びつくと、意外な展開になることもあります。
 
 実際に、相談を受けた例を紹介します。
 
 
 建設住宅性能評価書を交付された「評価住宅」は
 1万円の申請料で紛争処理が行える。
 
 しかし、平均5回ほど日にちを要する話し合いに
 合計1万円で弁護士、建築士が動くわけがない。
 
 
 差額の費用は、性能評価機関などから出ているはず。
 
 
 特に、中立、公正が保てない事例は、
 性能評価機関の検査ミスが原因でもある紛争。
 
 「業者 VS 施主」の争いなのに
 「悪いのは性能評価機関だ」となりそうな時、
 
 お金を支払う側として、または、同業界内のつながりで、
 建築士に圧力をかけることもあるようです。
 
 事実、相談を受けた例では、
 担当した建築士の態度が途中で変わり
 基準的に黒のものを、白だと言っていたそうです。
 (現在はネットで調べると、素人でも分かるものがある)
 
 
 第三者といっても、ボランティアでない限り
 報酬を得る目的でそこへ来ているわけで、
 お金を払う側は、その弱みの部分を十分承知している。
 
 オリンパスや大王製紙の監査法人も同じことです。

 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 

iekensa at 13:44│Comments(0)TrackBack(0)アンカーボルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字