2011年11月22日

事例428『玄関の気密』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、新築完成の検査に行った現場。
 
 外は足場を解体中。
 中は便器などを付けていました。
 
 こんな状態でも、明日施主検査。
 
 
 今月は、仕上げの工期に余裕がない現場が多いようです。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「玄関の気密」
 __________________
 
 428

 
 
 ◆写真解説
 
 玄関まわり、気密タイプの基礎パッキンに入れ替えている。
 
 図面で指示された場合は勿論、
 省エネルギー対策等級4仕様では、玄関の気密化が必要です。
 
 
 ◆内容説明
 
 今回の部分は、面積によっては断熱材を省略できますが
 気密まで省略していいとは、基準に記載されていません。
 
 
 21年の省エネ告示改正で、
 気密に関する細かな規定が削除されました。
 
 そのこともあり、最近省エネ住宅を設計、施工する業者は
 気密を意識しないことが多い。
 
 
 住宅金融支援機構によると、
 「告示の改正では、画一的な規制基準が基準の簡素化・合理化により
 なくなったと理解すべきで、竣工後の的確な省エネ性能の実現・
 内部結露の防止・計画換気の実現のためには、従来どおり気密性の
 確保のための的確かつ丁寧な施工を行うことが望まれる」とあります。
 
 
 断熱材をいくら良くしても
 気密が低ければ、省エネ性能は落ちる。
 
 目には見えないものだけに、工事中のチェックが重要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 性能が高い省エネ住宅を目指す場合、
 気密試験を行うことをお薦めします。
 
 
 カタログに高気密住宅と表示しながら、
 実際は、そうでない現場があります。
 
 
==================

■(2)編集後記

 
 何度も記載してますが、「中間検査」が機能してない。
 
 以前は、確認申請の現場検査と言えば、
 「完成検査」しかなかった。
 
 その完成検査も、昔は受けない現場が多く、
 2棟申請で3棟建てるなど、違法建築を野放し状態。
 
 
 地域によって違いますが、工事中の中間検査制度が創設され、
 愛知県では何年か前から、山間部を除きほぼ100%実施されています。
 
 
 この検査の目的は、主に違法建築や欠陥住宅でないかを確認すること。
 
 しかし、民間に検査を開放してからは
 検査自体が、きちんと行われていないのが現状です。
 
 
 昨日も、現場で民間の検査員と一緒になった。
 
 
 検査と言っても、現場は眺める程度で終わり。あとは、
 
 「変更なない?」
 「書類と、写真をまだもらってない」
 
 と聞き、5分くらいで検査は完了。
 
 
 検査員は役人OBと思われる。
 
 書類だけ、きちんとしておいて、
 現場の細部は見ないことに、徹底している感じでした。
 
 
 
 今年も、40件ほどの完成済住宅の瑕疵検査をした。
 多くの欠陥を指摘し、この中のいくつかが、すでに裁判まで発展している。
 
 裁判したから救われる訳ではない。
 
 いつ壊れてもおかしくない家でありながら
 未だに判決が出ないため、我慢して住んでいる人も中にはいる。
 
 
 中間検査できちんと見てくれれば
 このような現場は、かなり減るでしょう。
 
 
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 

iekensa at 20:24│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字