2011年10月11日

事例416『木部のカビ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 この3連休は、ほとんど書類作成に費やしました。
 瑕疵調査の書類作成が5件、たまっていたからです。
 
 この書類は1件あたり、作成に丸1日かかります。
 また、疑問等を調べるために、アマゾンで専門書を4冊購入。
 それを読むだけでも、結構時間を取られました。
 
 それでも、電話に出ないなど、集中して行なった結果。
 4件分、作成することができました。
 
 
 
■(1)今回の事例__________

  「木部のカビ」
 _________________
 
 416


 
 ◆写真解説
 
 床下浸水により、木部にカビが生えた。
 
 直接濡れなくても、条件によっては、
 このように、ひどくカビが生えることがある。

 
 ◆内容説明
 
 先回の続き、床下浸水の話題。
 
 床下に水が溜まると、通気が悪い部分は
 空気がこもり、木部にカビが生えたりする。
 
 写真は浸水し、わずか2週間くらいの状態。
 
 建物の中央部など、換気が悪い箇所ほど、ひどかった。
 
 
 一旦、木にカビが生えると、菌が死滅しても跡は残る。
 床下で普段目につく箇所ではないが、
 気になるものです。
 
 
 
 ◆対策
 
 床下浸水させないことが一番大事です。
 
 通気の関係もあるが、床下浸水しても、
 カビが全く出ていない家もある。
 
 因果関係を証明できたわけではないが、
 防腐剤が効いている木は、カビが生えにくい。
 
==================

■(2)編集後記
 
 
 はじめに記載したように、
 この連休は、書類作成に明け暮れました。
 たくさん指摘を書いて、改めて思うことは、
 
 
 多くの建物が、法律、基準どおりに造られていないし、
 多くの業者は、それらを知らないで造っている。
 
 また、建築士法や建設業法違反も多い。
 
 
 このような、いい加減な状態であることを、購入者は知らない。
 
 
 最近、多い指摘は
 ・防火違反
 ・長期優良住宅、フラット35仕様違反
 
 防火違反に関しては90%くらいが間違っている。
 現場検査で指摘する会社も、ないらしい。
 
 
 現在、欠陥検査で「鉄筋探査」と
 「赤外線サーモグラフィーカメラ撮影」を行う。
 
 鉄筋探査の結果、
 「かぶり」不足が発覚するケースが50%以上。
 
 
 ベタ基礎スラブ下の、かぶり不足が発覚すると
 基礎を壊す以外に補修方法はない。
 
 それでも、50%以上の現場は、かぶり不足のまま
 コンクリートが打たれている。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 10:39│Comments(0)TrackBack(0)躯体全般 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字