2011年10月07日

事例415『床下の水漏れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 私のスマートフォンは、ドコモのアンドロイド。
 
 2年経つので、そろそろ買い替え時期です。
 
 
 ドコモで買い換えるか、それともiPhone4Sで
 AUか、ソフトバンクかで迷います。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「床下の水漏れ」
 __________________
 
 415

 
 
 ◆写真解説
 
 床下浸水のあと(矢印部まで水が溜まった)。
 天災ではなく、水漏れによるもの。
 
 
 ◆内容説明
 
 今年の夏は、同事例での調査依頼が多かったです。
 水漏れ以外に、雨水侵入の事例もありました。
 
 最近の基礎は、基礎天端で換気を行う形式が主流のため
 換気孔がなく、発見が遅くなるケースが多い。
 
 
 床下の換気が良ければ、水が溜まっても
 木部への影響は少なく済みます。
 
 換気が悪く、木が水蒸気をたくさん吸ってしまうと
 カビが発生します。
 
 
 
 ◆対策
 
 完成時にきちんと水漏れチェックをしても
 後日、水漏れが起きることがあります。
 
 定期的に、床下点検口から床下を確認する。
 
 
======================

■(2)編集後記
 
 欧米で、若年失業者や格差の問題が顕著になっています。
 
 日本でも問題が深刻化していることを、実感しました。
 
 それは、この前、社員募集をしたところ、
 当社のような会社に、思ったより多くの応募がありました。
 
 数が多い理由のひとつに、
 応募者の1/4ほどは、派遣切りになった若い失業者でした。
 
 今回の募集で感じたことは、
 彼ら、彼女らは、仕事の内容を確認しないで、
 給料だけで判断し、応募する傾向があるようです。
 
 面接に来て、「何の会社ですか」と聞く人もいた。
 
 それでは、受かるはずがない。
 

 
 現在の政治や景気動向を見ていると
 雇用問題が、すぐに改善できるとは思えません。
 
 円高で企業が海外へ出ていけば
 状況はさらに悪化するでしょう。
 
 
 住宅業界も、少子高齢化の影響で今後も、仕事が減っていきます。
 そんな状況でも、新たにこの業界で働く人のために
 いい業界にしたいものです。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 18:19│Comments(0)TrackBack(0)設備 | 躯体全般

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字