2011年10月04日

事例414『基礎を削る』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 毎月、住宅紛争の手持ち数が増えていきます。
 
 そんな私だから、今朝のこのブログの内容は、
 とても共感できました。
 http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-11037397152.html
 
 裁判や調停を経験している人も、
 なるほどと、思うでしょう。
 
 引用させていただくと、
 
 20世紀前半の米国の自己啓発家
 デール・カーネギーもこう言っています。

「議論に勝つ最善の方法は、この世にただ一つしかない。
 その方法とは議論を避けることだ」 (引用ここまで)
 
 
 論議し出したら、スポーツのようなはっきりした勝ちはない。
 よく言う「痛み分け」で終わるのが普通。
 
 それが分かって、予防できればよいですが、
 なかなかそれができません。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「基礎を削る」
 __________________
 
 414

 
 
 
 ◆写真解説
 
 床下収納が基礎に当たるため、基礎の表面を削って無理やり入れた。
 
 これにより、かぶり厚※不足になった。
 ※(鉄筋まわりのコンクリートの厚さ)

 
 ◆内容説明
 
 床下収納庫を入れる段階になって初めて、
 基礎に当たることに気がついた。
 
 場所的に移動が不可能なため
 基礎を削って納めた。
 
 基礎を削れば、耐力低下や、
 かぶり厚不足が懸念される。
 
 
 原因は、設計ミス。
 設計者が詳細な納まりを考えずに、図面を書いた。
 
 
 ◆対策
 
 せっかく計画したのに、工事が始まって、「納まり上無理です」と
 言われるケースは珍しくない。
 
 
 営業や設計者に技術的な不安がある場合、
 工事の人へ確認を取るなどしたほうが確実です。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 先日現場で、とても珍しい光景を見ました。
 
 それは、現場監督さんが真剣に怒っていた。
 
 怒られていた相手は、大工さん。
 検査しながら聞こえてくる内容から
 どうやら以前手がけた現場で、手抜きが発覚したようです。
 
 
 現場監督と言っても、ほとんどの現場は若い未熟な監督さんが多い。
 段取りに精一杯で、さらに知識もないため、
 反対に職人に叱られることはあっても
 なかなか職人を叱ることは出来ない。
 
 だから、最初に珍しい光景と書きました。
 
 
 この監督さんは40歳くらい。
 検査でやり取りしていますが、かなり仕事が出来る人です。
 
 
 工事が始まり、現場監督さんにがっかりする
 お客さんが結構多いです。
 
 こういう現場監督さんなら、安心して任せられますね。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)基礎かぶり、コンクリート 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字