2011年09月30日

事例413『鉄筋のかぶり』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 ブルドーザーが乗っても大丈夫という
  セキスイハイムのTVCM
  
 強さをイメージさせるものでしょうけど、
 あれを見て、すごいとは思えない。
 
 私が、へそ曲がりでしょうか?
 
 
 
■(1)今回の事例_________

  「鉄筋のかぶり」
 _______________
 
 413

  
 
 ◆写真解説
 
 機械で鉄筋の位置を確認。
 
 表面から鉄筋までの距離が30mm必要なところ、
 20mmしかない。建築基準法違反。

 
 ◆内容説明
 
 基礎が完成している現場では
 鉄筋探査の機械を使って、鉄筋を調べます。
 
 床下での作業になることが多く、
 結構しんどい作業。
 
 しかし、かなりの確率で不備が見つかります。
 
 
 鉄筋外側のコンクリートの厚さ(かぶり)は、
 建築基準法施行令、建築工事標準仕様書(JASS5)など
 あらゆるもので定められている重要な事項。
 
 それでも、なかなか守れないのは
 後から見えなくなるから。
 
 鉄筋探査があれば、後からでも分かります。
 ただし、機械が高額なので、検査会社でも、
 鉄筋探査を持っているところはごくわずかです。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリートを打つ前に厳しい検査をすることと、
 施工は、建築工事標準仕様書に記載があるように
 基準プラス10mmの余裕を持って施工をする。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 仕事中に、たまたま見かけた建物解体現場。
 
 そこは、私がハウスメーカーに就職して
 はじめて担当した現場でした。
 
 まだ、25年しか経ってないのにもう解体。
 
 日本の家の寿命は、そのくらいと言われていますが
 まだまだ、使えると思います。
 
 
 解体後は同じく、集合住宅が建つようです。
 
 アパートは、やはり新築物件が人気です。
 また、25年前に比べてたら、人気の間取りも違う。
 大規模修繕するよりは、建て替えたほうが楽。
 
 そんな理由で、短命に終わってしまうのでしょう。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 18:28│Comments(0)TrackBack(0)基礎かぶり、コンクリート 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字