2011年09月27日

事例412『アンカーボルトのずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 

 朝、高速道路の事故渋滞から予定が狂い。
 今日はまだまだ、仕事が片付きません。
 
 タイトなスケジュールが数日続きます。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「アンカーボルトのずれ」
 _________________
 
 412

 
 
 ◆写真解説
 
 大手ハウスメーカーの現場で発見した、
 アンカーボルトの不備。
 位置がずれたので、曲げてそのまま放置。
 
 これでは基礎との接合が不十分。

 
 ◆内容説明
 
 築10年の中古住宅の検査で発見。
 同じような箇所が他に2ケ所あり。
 
 基礎と鉄骨躯体をつなぐアンカーボルト。
 これでは、何の意味もない。
 
 
 10年前も、今でも、検査体制はさほど変わらない。
 床下など、あとから見えな箇所は
 ミスを放置されやすい。
 
 
 ◆対策
 
 中古住宅を買う前の検査でした。
 
 保険と絡めたような、簡易な検査ではなく
 細部まで検査して買うことが重要です。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 「怒り」を抑える、消す。
 この手の本がたくさん出ています。
 
 「怒りは、得しない」
 
 過去、短気だった私もそう思います。
 (昔はまたか、と言われるくらい事務所や現場、空手の試合中など、
  そこら中で喧嘩してました。スタッフには今も、短気だと言われますが)
 
 
 瑕疵調査後の話し合いにおいて、
 依頼者から、こんなことを言われることがある。
 
 「業者と喧嘩してください」
 
 昔のヤクザのような役割を期待されても、
 はっきり言って困ることがあります。
 
 その理由は、悪徳業者相手ならともかく、
 前向きな歩み寄りの意思のある業者に対し
 専門家の立場である私が、喧嘩腰になると、
 まとまる話も、まとまらなくなるからです。
 
 
 会社の儲けだけ考えれば、揉め事を煽り、
 すぐに解決しないように長い時間、関わることが理想でしょう。
 また、勝つ見込みが薄くても、強く裁判を勧める。
 そして、長期化させて、あれやこれやで、業務を追加すれば
 売上が上がります。
 
 
 
 依頼者にしてみたら、業者は全て悪徳に見える。
 怒り気持ちはわかりますが、
 最大限、有利な条件を引き出すため、
 交渉ごとは冷静さが大事です。
 
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)アンカーボルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字