2011年09月09日

事例407『ケミカルアンカー』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 

 単発の雨漏り調査などで、バタバタし
 書類、メールの返事がやや遅れぎみです。
 
 

 昨日今日、移動距離が長く
 今日、ガス欠しかけました。

 
 岐阜から愛知県の吉良町までの100KM弱、
 名古屋高速や国道のバイパスを通ったら、
 ガソリンスタンドが、途中1件もなかったためです。
 

 
■(1)今回の事例___________

  「ケミカルアンカー」
 __________________
 

 407

  
 
 ◆写真解説
 
 ホールダウンボルトの下(矢印部)に液体が出ている。

 
 これはケミカルアンカーの接着剤が溢れたもの。
 事前にセットし忘れたため、
 こっそり接着剤でボルトを入れた。

 
 ◆内容説明
 
 この工程から検査に入った。
 

 土台(木)がのっているため、見落とすとこでした。
 基礎図面が間違っていて、入れ忘れたようです。
 
 

 ケミカルアンカーは、きちんと施工をすれば
 十分な引き抜き強度が出るため、
 耐震補強工事など、既設の建物の工事で重宝されます。
 

 ただし、新築ではイレギュラーな工事。
 コンクリートを流し込む前に
 アンカーボルトなどを入れておくことが基本です。
 

 
 新築で仕方なく施工する場合、
 専門業者による施工+引き抜き試験を
 条件に付けることをお薦めします。
 
 

 
 ◆対策
 
 基礎図面のチェック及び、
 コンクリート打設前のチェックが大事です。
 
 

=====================

■(2)編集後記

 
 呆れてしまう現場監督の発言を紹介します。

 
 今回は有名メーカーの社員Aさん

 
 検査に立ち会わないため、顔を見ていません。
 年齢は多分20代半ば。

 
 
 私が躯体構造検査で、3項目ほど基準法違反を指摘。
 それを知った施主さんが、Aさんへ文句を言った。
 「社内検査と瑕疵保証検査は何を検査している」と

 
 
 このあとに、私へ下記のことを
 Aさんが電話で言ってきた。

 
 「当社は社内検査が厳しいと、パンフレットなどに記載している。
 おたくのせいで、お客さんからの信頼がなくなった。
 なぜ、指摘をそのまま報告するんですか」
 

 
 Aさんは当社が言いなりになると
 勘違いをしていたようです。
 
 
 




 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 

 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 

 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 18:01│Comments(0)TrackBack(0)アンカーボルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字