2011年09月02日

事例405『擁壁ベースが薄い』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 台風が近づいています。
 
 昨日、今日行った現場は、
 台風対策に追われていました。
 
 
 明日の検査予定は全てキャンセル。
 
 何事も無く、過ぎてくれることを祈ります。
 
 
 
■(1)今回の事例________

  「擁壁ベースが薄い」
 ______________
 
 405

  
 
 ◆写真解説
 
 擁壁ベースが薄い。
 設計では350mm。実際は200mmしかない。
 耐力的に弱いことは確実である。

 
 ◆内容説明
 
 擁壁にいろいろ不備があり、きちんと施工できているか、
 調べれるものを徹底的に調べた。
 
 そうしたら、地中に埋まっている部分の
 ベースの厚さが薄かった。
 
 設計の35CMに対し15CMも薄い。
 明らかな手抜き工事です。
 
  
 やはり、見えなくなる箇所に
 手抜き工事が集中する。
 
 先週、ニュースになっていた
 大京の川崎市の欠陥マンションも
 見えない箇所の手抜きが、いろいろ発覚した。
 
 
 
 ◆対策
 
 擁壁のトラブルは、意外と多い。
 
 高さが高いほど、、
 第三者検査の必要性が増すと思います。
 
 
 
=================

■(2)編集後記


 今日、基礎の配筋検査へ行った現場、
 建物配置が10CM間違っていた。
 
 つい2ケ月前にも1件あった。
 
 
 役所の検査で、配置くらいはチェックします。
 完成してから気づいても、移動はほぼ不可能。
 
 
 コンクリートを打つ前であり、
 現場監督さんから、
 「この指摘は、ありがたい」と言われました。
 
 
 配筋検査で、配置をチェックしています。
 ただし、境界がわかりにくい現場は、
 きちんと確認できません。
 
 
 同時に検査に来た「某社、瑕疵保証検査員」は
 写真を3枚だけ撮って、検査完了。
 どうも、それは会社からの指示らしい。
 
 私らのような第三者検査会社が入る現場は
 全体の1%もないと思う。
 
 瑕疵保証検査のレベルが上がると
 基礎の欠陥は大幅に減ると思います。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 16:24│Comments(0)TrackBack(0)地盤、杭 | その他

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字