2011年08月23日

事例402『ユニットバスの支え』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 直木賞受賞作「下町ロケット」
 CMが流れるなど、かなり宣伝しています。
 
 少し前に購入したのですが
 400ページもあり、読むのを後回しにしてました。
 
 しかし、読み始めると、一気に読めます。
 
 フィクションですが、
 大手企業の体質については、かなり同感できます。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「ユニットバスの支え」
 __________________
 
 402

  
 
 ◆写真解説
 
 ユニットバスの脚の支えが、コンクリートブロック。
 
 高さ調整に安価な材料を調達。
 空洞部が多いため、当然弱く、破壊する恐れがある。

 
 ◆内容説明
 
 住宅メーカーは違いますが
 2日続けて、検査で発見。
 
 ユニットバスメーカーは同じ会社です。
 
 
 このコンクリートブロクを見て、思い出すのが
 「空手の試し割り」
 
 この面だから割れる訳で、
 コンクリートブロックは、本来
 一番弱いこの向きでは使いません。
 
 もちろん、ユニットバスなど重量物の支えには
 適しません。
 
 
 このメーカーのユニットバスは、
 今まであまり見たことがありませんでした。
 
 東北の大地震で、工場に被害がなく
 他メーカからの乗り換えで、需要が増えたようです。
 
 そのため、職人指導が徹底していないのか
 高さが合えば何でもいいと、
 安い材料で、仕上げてしまったと思う。
 
 
 本来は、束石など、コンクリートの塊を
 使わなければダメです。
 
 
 ◆対策
 
 製造メーカーの見解は、試験で安全を確かめた。

 衝撃に対して試験しているかは不明です。 
 
 
====================

■(2)編集後記

 
 このところ、多くの欠陥住宅を摘発しています。
 
 そのまま、裁判へ移行するような物件もいくつかあり
 忙しさが増しています。
 
 また、検査を厳しくやっていると、
 お客さんが、友達を紹介してくれたりするので
 新築の検査も忙しくなっています。
 
 
 業務が増えていくことに対応するため
 来月、社員募集をします。
 リクルート系の求人誌に載せる予定です。
 
 
 以前も書いた覚えがありますが、
 なかなか、仕事の内容や条件から、
 こちらが希望する人が申し込んで来ない。
 
 それでも今回は、条件の幅を広げ、応募者を増やし、
 その中から慎重に選ぶ予定です。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 21:04│Comments(0)TrackBack(0)設備 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字