2011年08月11日

事例399『屋根たるき 相互の接合金物付け忘れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 明日から夏期休暇のため、
 今回は木曜日発行です。
 
 
 休み明けすぐ、
 大工さん相手にセミナーをします。
 
 過去、たくさんセミナーをしましたが、
 職人さん相手は、初めてです。
 
 私が、大工さんに伝えられることは何か
 休み中に、話をまとめたいと思います。
 
 
 (当社の夏期休暇8/12〜16です)
 
 
■(1)今回の事例___________

  「屋根たるき 相互の接合金物付け忘れ」
 __________________
 
 399

  
 
 ◆写真解説
 
 ツーバイフォー、屋根梁方式の小屋組。
 
 頂部のたるき相互の接合金物が施工されていなく、
 緊結状態が十分でない。
 
 
 ◆内容説明
 
 今回の例は、一部分だけの施工忘れ。
 
 ツーバイフォーは、金物や釘を多く使うため、
 このような忘れが生じやすい。
 
 
 構造的に重要な部分だけに
 忘れがあってはいけない。
 
 
 
 ◆対策
 
 完成済の検査で発見。
 きっと社内検査などが、ザルなんでしょう。
 
 対策はやはり、全数検査をきちんと行う。
 
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 
 このところの検査で、
 大修理・補修が必要な家が、多く出ている。
 
 
 施工に原因があるので、
 業者が直すのが、当たり前なんですが、
 
 完成済の家の場合、注意したい事があります。
 
 
 それは、修理、補修費が高額になると
 業者が逃げる確率が高くなる。
 
 
 特に、弁護士が代理人として出てくると
 
  ・時効です。
  ・瑕疵はない。
  
  となど主張し、責任回避します。
 
 
 
 いつも依頼者に言われることは、
 「買う前に、当社を知っていればよかった」
 
 
   宣伝不足を痛感しています。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 08:09│Comments(0)TrackBack(0)木造構造金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字