2011年08月09日

事例398『石膏ボード 雑な穴あけ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先日の日曜日、渋滞を考慮し、
 バイクで現場へ行った。
 
 片道約150KMの90%が、高速道路でしたが
 風を受けて走っていても、熱中症になりそうなくらい暑い。
 
 普段なら、いっきに走れる距離ですが
 途中、2回づつ休憩を取りました。
 
 
 名古屋の夏は暑い。
 
 職人さんよりはマシですが
 検査をしていても、この暑さはこたえます。
 
 (当社の夏期休暇8/12〜16です)
 
 
■(1)今回の事例___________

  「石膏ボード 雑な穴あけ」
 __________________
 
 398

  
 
 ◆写真解説
 
 外壁防火構造部のユニットバス室内側の石膏ボード。
 道具を使わずに穴を開けたため、
 大きく雑な穴になっている。
 
 隙間が大きいと、防火上不利になる。

 
 ◆内容説明
 
 普段、見えない箇所での、いい加減な施工例。
 
 防火被覆箇所でなくても
 このような施工は誰が見ても、丁寧とは言えない。
 
 
 道具が手元になく、
 ボードを手でちぎったのでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 今回の箇所は、
 ユニットバスの天井点検口を開けると見える。
 
 隠れてしまう箇所は、要チェックです。
 
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 
 大手企業ほど「コンプライアンス」=法令遵守
 と言いながら、実は守れていないことが多い。
 
 法律条文は、いつも思うのですが、難解です。
 また、基準もいろんな解釈ができる。
 
 だから、大手企業は、法の解釈で、何とでも取れるものは
 自社判断または、自らが出資している民間検査機関に
 都合が良い方へ判断させている。
 
 
 チンピラのような業者なら、とっくに嫌がらせが入るくらい
 このところ、数社の大手企業にツッコミを入れました。
 
 瑕疵の論争になったとき、
 大手企業に技術資料の提示を求める。
 
 先日見たものは、私が持っている法の解説書と、
 意味合いが違う部分が、何箇所かあった。
 
 つまり、独自に解釈している。
 
 
 社会が混乱するといけないので
 具体的な話は、現時点で公表できませんが、
 
 タマホームや一建設など、大手の半分以下の値段で
 家を建てている会社でも、安全上施工していることがやれてない。
 
 値段が高いのだから、それくらいは施工しろと言いたい。
 

 大手が好き放題できる理由の一つに、
 確認申請や認定業務を、民間が行っていることがある。
 

 大手ハウスメーカーは、役所へ確認申請を出さないし、
 中間検査もない家がほとんど。
 
 認定制度も、国の抜き打ち検査で、
 サッシの防火偽装が出るなど信頼がおけない。

 現状、指摘されなければ「よい」という状態。
 

 
 大手企業相手は、私だけでは手におえません。
 社団法人AJIAの方で、処理していくつもりです。
 
 

 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 12:49│Comments(0)TrackBack(0)躯体全般 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字