2011年08月02日

事例396『基礎のズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 分譲住宅の現場は、自分勝手な印象がある。
 特に大手ほど、お客の都合を考えない。
 
 また、悪徳業者も多い。
 
 
 今日検査完了した、ここは違った。
 大府市の東洋地所(株)。
 
 真面目な会社でした。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「基礎のズレ」
 __________________
 
 396

  
 ◆写真解説
 
 基礎の位置がズレていて、土台がのらない。
 
 基礎図面と、木躯体図面の不整合が原因。

 
 ◆内容説明
 
 一定の間隔でない、寸法の部分で
 間違いは起きやすい。
 
 図面が間違っている以外に、
 基礎屋さんが間違うこともある。
 
 
 このような場合でも、
 すべて基礎を壊して、やり替えることは難しい。
 
 通常の是正方法としては、
 この部分だけ、基礎を増し打ちします。
 
 工事の祭、適当に施工されないように
 注意が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 すべてが自動で連動する図面ソフトなら、
 このようなミスは起きない。
 
 そうでない場合は、アンカーボルトなど含め、
 基礎図全体の整合を、確認しましょう。
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 
 新築住宅工事中の検査を、依頼してきたAさんが
 業者から言われた内容。
 
 「カノム」だけはダメ。
 「うちと提携している第三者検査会社を紹介する」
 
 
 こんなこと言われると、
 余計に当社に頼みたくなるそうです。
 
 
 何度か、やり取りしてわかったことは、
 
  業者の知人の会社の完成済現場に、
  私が検査に入り、いろいろ瑕疵を出した。
  
  その後、紛争へ発展。私が出す書類に
  いろいろ苦しめられた話を聞いたようです。
  
  
 最終的には、Aさんが押しきり、これから検査に入ります。
 
 
 同様の事例は、今年に入り、確か3件目。
 
 業者に、厳しいことで警戒されることは、
 第三者検査の会社としては光栄です。
 

 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 16:44│Comments(0)TrackBack(0)躯体全般 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字