2011年07月19日

事例392『筋交いの抜け節』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 現在、メールはスマートフォンで読んでいます。
 
 ただし、返信は入力が面倒なので
 パソコンから行っています。
 
 
 最近、処理するメールが多いため、一部、
 スマートフォンからの返信を考えています。
 
 そうなると、モバイルキーボードが良いでしょうか。
 
 
 その他、いろいろと業務効率化を検討中です。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「筋交いの抜け節」
 _________________
 
 392

  
 ◆写真解説
 
 筋交いの抜け節。
 圧縮の力がかかると、材の薄い側に曲がり、
 節部分で折れやすい。

 
 ◆内容説明
 
 建築基準法施行令 第45条に
 筋かいには、欠込みをしてはならないとある。
 
 抜け節は、欠込みと同じく欠損であり、NGです。
 
 
 天然木だから仕方がないと、
 写真のような材料が、普通に出荷される。
 
 悪い材料をはねていたら価格が上がる。
 業者側の言い分もわかります。
 
 ただ、筋交いは、簡単に折れては意味がありません。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 検査をして見つけたときは、交換、穴埋めなどで対応。
 
 事前の対応として、
 節の少ない材種を指定する。
 または、筋交いのサイズを上げて多少の欠損に対応する。
 (90mmを105mmにするとか)
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 
 台風が近づき、時々雨が強く降る中、
 今日検査に行った現場の周囲で以下の光景を見た。
 
  建て方をしている。(2現場)
 
  擁壁のコンクリートを打設している。
  
  
 建て方をしている現場には、施主夫婦もいました。
 揉めている様子はなく、
 きっと現場監督から「濡れても大丈夫」と
 騙されているのでしょう。
 
 
 確かに壁パネルに付いている断熱材の上部は
 シートで覆われています。
 しかし、シートのジョイントからは確実に
 雨が入ります。
 
 私は何度も見ています。
 雨が上がったあと、その部分に、
 蒸発した水が、大量に付いているのを。
 
 
 擁壁のコンクリートも
 建物じゃないからいいやと、
 職人が思ってるかもしれません。
 
 
 2つ共、大手ハウスメーカーの現場。
 
 以前から思っていますが
 1件ごとの極め細やかな対応は
 このメーカーにはありません。
 
 
 名前だけは有名でも、品質は二流と三流です。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 16:44│Comments(0)TrackBack(0)筋交い、金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字