2011年07月12日

事例390『構造金物 ビス抜け』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 書類の締め切りノルマに追われ
 休みなく、夜中まで仕事していると
 お客さんの名前を間違えるなど、単純ミスが連発。
 
 やはり2,3割の余裕を持って仕事しないと
 ダメですね。
 
 
 
■(1)今回の事例_______

  「構造金物 ビス抜け」
 _____________
 
 390

  
 
 ◆写真解説
 
 金物ビス施工不備。
 途中で施工を中断し、そのまま忘れてしまった?

 
 ◆内容説明
 
 柱の端部を緊結するために取り付ける金物。
 
 木造住宅は、躯体組み立て時、
 大工さんが大勢集まって作業をする。
 
 このときに、筋交い、金物まで付けるケースもある。
 人手が揃っているので、その日のうちに
 仕事を終わらせようと、急いだ事が原因でしょう。
 同じような例は、たまに見かける。
 
 
 取り付ける数が多いだけに
 このような、ミスが出やすい。
 
 
 ◆対策
 
 金物を全数、社内検査しているのは
 一部の大手メーカーだけ。
 
 保険の検査も1社を除き
 ほとんど金物を見ていない。
 
 第三者検査を入れるなど
 最低、誰か1人に全数検査をさせる。
 
 
=================

■(2)編集後記
 
 
 完璧な仕事をする基礎屋さんに遭遇した。
 
 土工事、鉄筋工事、コンクリート工事
 全てにおいて、文句の付けようがない。
 つまり100点満点の仕事。
 
 
 レベルが高い基礎屋さんはたくさん居る。
 しかし、100点満点は今までいなかった。
 
 どこが違うのか?
 
 
 「単価がいいんじゃないか?」と思う人が多いでしょう。
 
 ・・違います。
 ローコストメーカーの仕事をしています。
 (アイフルホーム)
 
 
 大きな違いは、職人さん自身が基準を全て理解し、
 1mmでも違反しないように
 自主検査しながら仕事をしている。
 
 だから、ミスが出てもカバーし
 完璧な状態にしている。
 
 
 職人さんは時給ではなく、請負形態で仕事をしている。
 つまり、時間をかけない方が、お金になる。
 
 
 単価が安いと嘆き、
 手抜きをしたがる職人、監督が多い中で
 真理に沿った仕事をしているすごい基礎屋さん。
 
 
 こんな基礎屋さんばかりになれば
 基礎の欠陥は無くなるでしょう。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 18:08│Comments(0)TrackBack(0)木造構造金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字