2011年05月27日

事例377『スリーブ入れによる鉄筋の切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 最近、なぜか金曜日に予定が集中します。
 
 今日は金曜。現場予定が多く、
 今朝、自宅を出たのが4時50分。
 事務所に帰って来たのが19時前。
 
 
 ようやく今から、事務作業に取り掛かります。
 
 
■(1)今回の事例__________

  「スリーブ入れによる鉄筋の切断」
 _________________
 
 377

  
 
 ◆写真解説
 
 配管スリーブを入れるため、基礎鉄筋を切断した。
 
 指摘を受けるまで補強筋を入れる予定はなかった。

 
 ◆内容説明
 
 大手ハウスメーカーの現場。
 
 監督に補強を指示すると、
 「いつも、切断したままで補強はしません」
 という返事が返ってきた。
 
 
 意味があって、入れている鉄筋、
 つながっていなければ意味がない。
 
 
 「つながってなくても良ければ、
 ジョイントも離してもいいのか」と質問したら
 
 答えが返って来ませんでした。
 
 
 
 ◆対策

 今日検査に行った現場でも、
 切断部の補強筋の入れ方がまずく、是正をさせた。
 
 意味をわかって仕事している
 職人、大手の監督は少ない。
 
 基礎は重要な部分だけに
 きちんとした検査を入れることが大事です。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 最近また、専門書を結構買っています。
 
 欠陥住宅の裁判で、単純な話がどんどん広がり
 一つのことをより掘り下げて調べるためです。
 
 
 いちいち、大きな書店へ行くのは面倒なため
 購入は「アマゾン」を使います。
 
 検索も購入も楽な「アマゾン」
 
 ただし、実際の中身が見れないため
 知りたい部分が書いてあるか、わからない。
 
 
 届いて、中身を見たときに
 知りたいことが載ってない、ということもあります。
 
 
 専門書は値段が高いので
 外れると、しまったと思います。
 
 ただ、今後、何かにきっと役立つはずなので
 時間があるときに全体を読むようにしています。
 
   
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 20:25│Comments(0)TrackBack(0)基礎鉄筋 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字