2011年05月24日

事例376『配管の逆勾配』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は、書類の締め切りに追われています。
 
 作成に時間がかかる紛争関係の依頼が
 集中しているため、時間配分に苦労しています。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「配管の逆勾配」
 __________________
 
 376

  
 
 ◆写真解説
 
 床下で見つけた、目視でもわかる排水菅の逆勾配。
 低い箇所で排水が溜まる。

 
 ◆内容説明
 
 床下など、普段目に付かない箇所は
 手抜きの宝庫。
 
 この写真とは関係がありませんが、
 最近は、コストダウンから、できるだけ配管を
 ひとまとめにして少なくする傾向にあります。
 
 そうなると、配管経路に制約が出て、
 本来、1/100の勾配を取る必要があるところ、
 間取りによっては、勾配ゼロという現場もよく見ます。
 
 
 戸建て住宅は、配管のメンテナンスをほとんど行いません。
 きちんと勾配を取っておくことは大切です。
 
 
 ◆対策

 基礎完成検査のとき
 床下の配管工事が済んでいるケースが多い。
 
 このタイミングで水平器でチェックをする。
 
 
===================

■(2)編集後記
 
 
 「誰も教えてくれない 家づくりを成功させるリアル交渉術」
 岩山健一さん著  亜紀書房
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750511072/ie-kensa-22/ref=nosim
 
 を先週末に読みました。
 
 
 まず、大手ハウスメーカーが実名で登場するのにはビックリ。
 
 書いた岩山さんもすごいけど、
 出した出版社の亜紀書房も勇気があります。
 
 ただし、実名では書けなかった、
 もっとひどい事例があると思います。
 
 それでも今回、一部でも書けたことは素晴らしいと思います。
 
 
 あと、巻末袋とじ。
 有名ハウスメーカー20社建築検査時、マル秘評定書。
 
 これの評価については、異議ありません。
 評価の差は、全くの同意見です。
 
 
 あと、検査会社は、実名が伏せてありますが
 イニシャルなどで、私はどこのことか、すぐにわかりました。
 
 
 
 この本を読んでいろいろ実践されたら、
 ほとんどの業者は嫌がるでしょう。
 
 家は何度も建てるものではなく、
 消費者が未熟だから、騙しやすい
 
 それができなくなると、都合が悪いからです。
 
 
 
 家をこれから買う方は是非、
 読んでいただきたいと思います。
 
 
 私も、名古屋中心に業者ネタを相当数持っています。
 これらを、対面でしか公表できないのが本当に残念です。
   
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 16:31│Comments(0)TrackBack(0)設備 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字