2011年05月03日

事例370『鉄筋の切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 30日土曜日に、レーシックの手術を受けました。
 
 今日で手術から3日経過。
 未だに、本などを読む気にはならず、
 GWあと2日間は、目を休めようと思います。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「鉄筋の切断」
 __________________
 
 370

 
 
 ◆写真解説
 
 配管スリーブを入れるために、
 基礎の鉄筋を切断し、補強はなし。
 
 これでは基礎の耐力が、当然落ちる。
 
 
 ◆内容説明
 
 この指摘を出したとき、現場監督がこう言いました
 
  「ダメなんですか、社内検査では指摘されていません」
  

 大手ハウスメーカーの監督ですが、
 知識があまりないようなので
 
 これでOKなら、鉄筋のジョイントは、
 重ねるなどして、継がなくてもいいでしょうと
 
 説明したら、理解してもらえた。
 
 
 
 ◆対策
 
 基礎の配筋検査が終わったあとに
 設備業者さんが来て、鉄筋を切ることもあるので、
 コンクリートを打設する直前に検査するほうがよい。
 
 理想は、設計図書にて、鉄筋と配管の取り合いを考慮する。
 
 どうしても切断が必要な場合は
 補強筋の入れ方を図面に記載しておく。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 強度の近視だった私。
 
 めがねのレンズは、一番薄いものを選んでも
 昔よく例えられていた「牛乳瓶の底」のような感じ。
 
 当然、めがねを1本作ると料金は5万から6万円。
 
 スポーツ用等にもコンタクトを持っていたので、
 お金が結構かかっていました。
 
 
 これ以外に、レーシックを考えたきっかけは
 
 ・周囲で何人か手術をした人がいた。
 ・現場でめがねが曇るなど、何かと不便。
 
 などがあります。


 今回、手術した病院は 
 名古屋 金山の名古屋アイクリニック
 http://www.lasik.jp/
 
 住宅検査で品質にうるさい私が
 ここを選んだポイントは、
 
  手術までに3回の事前検査。
  何かあれば術後直後は24H対応。
  院長の実績など。
 
 
 さて、手術のことを紹介しますと、
 
 手術前は、やはり緊張しました。
 特に手術前、待合室で術後、痛がっている人たちを
 見たら余計に緊張が増しました。
 
 
 手術は両目、約20分。
 
 最初に角膜の表面をレーザーで切断します。
 このとき、左目だけ、切れている感覚がありました。
 
 そのあと、レーザーで中の角膜を削る作業。
 焦げ臭い、臭いが印象的でした。
 
 
 術中、目は常に開けた状態で不安ですが、
 院長が状況を見ながら、声をかけてくれたので
 安心できました。
 
 私の場合は術中、術後の痛みは全くなし。
 
 ただし、強度近視のため、
 はっきり見えるまでに1日半を用しました。
 
 今日はとってもよく見えます。
 
 
 レーシックは決断までに、勇気が要ります。
 術後の今となっては、
 老眼が出てもおかしくない40代なので、
 もっと早くやればよかったと思いました。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 21:40│Comments(1)TrackBack(0)基礎鉄筋 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りがかり   2012年02月28日 15:09
スリーブ周りの補強筋が無いことを問題視されていますが、それよりも上端筋=主筋の2段目の鉄筋の重ね長さが、不足している様に見えます。こちらの問題の方がより深刻だと思うのですが・・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字