2011年04月22日

事例367 『止まらない水の侵入』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 最近時々、事務所の水まわりが臭い。
 下水臭ですが、どこから出ているかわからない。
 
 建物調査は専門ですが、
 臭い、音の発生源の特定は専門外。
 
 それでも、どこからか特定しないと
 管理会社も動きにくいようで
 
 一度調べてみようと思います。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「止まらない水の侵入」
 __________________
 
 367

  
 
 ◆写真解説
 
 地下水が基礎内へ湧き出て、
 何度か止水工事を行っても改善しない。
 
 当初は抵抗したが、話し合いで建替えが決定。
 
 業者の英断に施主さんも納得。

 
 ◆内容説明
 
 傾斜地にある土地で、地面から浅いところに、
 地下水が通っていた。
 
 大雨のあとや、梅雨時、水位が上がると
 この地下水が基礎内へ進入してくる。
 
 
 対処として、外周部を防水したが、止まらない。
 
 注入などによる止水工事も検討したが、
 再発の保証ができないことを専門業者から告げられた。
 
 施主さんはそれでは納得がいかず
 基礎を造り直しを求めた。
 
 
 話し合いが決裂した場合、裁判も考えたが、
 業者の社長の英断で、建替えが決定。
 
 工事は現在完了し、
 水の進入は完全に無くなった。
 
 
 ◆対策
 
 一度失敗しないと
 このような地下水の予見は難しい。
 
 
 傾斜地に建築するときは
 コンクリート打ち継ぎ部や配管貫通部など
 水が入りやすい箇所は、あらかじめ防水措置の計画をする。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 強い余震で、周りの家は何ともないのに
 自宅だけ、壁にヒビが入ったなどの相談が増えています。
 
 大手ハウスメーカーは、点検をしているようですが
 
 ・10年保証が切れた。
 ・10年保証内でも、地震だから免責です。
  
  
 などで取り合ってもらいない人が多いようです。
 
 震度5強や6弱で壁に大きな亀裂が入るのは
 構造に瑕疵(欠陥)がある可能性が高い。
 
 これらの件で、相談先を探している方は
 下記で無料相談を受け付けています。
 
 
 ※業者に責任を問える築20年以内の方が対象です。
 
 
 ■住宅検査 東北
 
 0178‐76‐1478(青森)
 022‐393‐7083(仙台)
 
 共に9時から17時まで
 
 ■住宅検査 セイソク
 
 045−567−2866(横浜)
 
 10時から22時まで 
 
 ■住宅検査 関西
 
  072−810−8881(大阪)
  
 8時から18時まで
  
 ■当社
 
 052−739−5471(名古屋)
 
 9時から18時30分まで
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 13:03│Comments(0)地盤、杭 | 躯体全般

コメントする

名前
URL
 
  絵文字