2011年03月29日

事例360(ホールダウンのビス抜け)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 近所の三洋堂書店に行く度、レジで
 不要な本を売ってくださいと言われる。
 
 今まで、本は廃品回収に出していたが、
 昨晩、読み終わった本を60冊ほど持っていくと
 3500円ほどで買い取ってくれた。
 
 本棚の整理にもなり、いいことを知りました。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「ホールダウンのビス抜け」
 __________________
 
 360
 
 
 ◆写真解説
 
 ホールダウン金物のビス抜け。
 5本中2本抜けている。
 
 これでは所定の引抜き力に耐えられない。

 
 ◆内容説明
 
 柱が大地震時に抜けないように
 取り付けられている金物。
 
 慌てて施工したのが、ビス抜けの原因だと思います。
 
 
 
  ビスが2本抜けていても、たいしたことはない。
 
  ビスが2本も抜けている。これはいけない。
 
 
 施工した大工さんはきっと前者の考えでしょう。
 
 「単価が安いから、丁寧にビスなど打っていれない」
 こんな捨て台詞を言った大工さんもいました。
 
 
 また、壁を張ってしまえば、見えなくなるという
 意識も高いと思います。
 
 
 ◆対策
 
 金物一個づつ、ビスの有無まで細かく検査をする。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 本日、検査に行った現場での出来事を紹介します。
 
 木造住宅の躯体構造の検査。
 構造材である「筋交い」を、大工さんが
 大きく切り欠いた箇所を発見。計5ヶ所あった。
 
 筋交いの切り欠きは、建築基準法に違反する行為であるし、
 大きな力がかかれば、材自体の破壊につながる重要なこと。
 
 
 そこで私は、同じ時間に検査に来ていた
 瑕疵担保保証の検査員が、
 気がつくように、目立つ印をその箇所にしておいた。
 
 しかし、この検査員は見ていたにもかかわらず
 「問題はありません」と言い、
 15分程度で検査を終え、帰ってしまった。
 
 これ以外の不備として他に、金物の未施工が5ヶ所あった。
 
 
 私から見て、一番まじめに検査していると思う
 「JIO」さんでも、検査はこんな感じです。
 
 
 検査員を責めるつもりはありません。
 
 王様が裸でも
 「王様の服はすばらしい」
 
 と言うしかない状況で雇用されているはず。
 
 
 これは検査に限らず、材料メーカーの社員でも同じ。
 業者に不利なことは、事実を曲げてでも
 言わないように教育されている。
 
 1回限りの客(施主)より、リピーター(業者)を大切にする。
 これは商売の原則だから、仕方がない。
 
 もし、彼らが「王様は裸だ」と勇気を出して
 言ってしまえば、そこに居れなくなるでしょう。
 
 
 だから家を建てるとき、周囲に自分の味方はいない
 と思ったほうがよい。
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 22:46│Comments(3)TrackBack(0)木造構造金物 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 初心者   2011年04月05日 10:18
はじめましてこんにちは。

建築学科卒ではなく、建築の見積に就業して2ヶ月で構造用金物をひろうことになりました。ネットで調べて、といわれましたが何がなんだかわかりません。ウッドデッキの木造の内部骨組み?なのですが…

構造用金物のカタログをみてもわからず、
名前がいろいろありすぎて理解が出来ない状態です。

どうしたらよいでしょうか…
2. Posted by 長井   2011年04月05日 23:24
ウッドデッキに使う金物でしょうか?パターン化すれば、積算は容易だと思います。
実際に購入する金物の商社 へ聞けば、適切な金物を選択してくれると思います。商社のあてがない場合は、アムハード小西(株)さん http://www.amhard.co.jp/ へ聞いてみてください。
3. Posted by 初心者   2011年04月06日 09:06
金物の商社さんに相談したほうがよいのですね。
突然の書き込みでも、
丁寧なご対応をどうもありがとうございました!
問い合わせてみます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字