2011年03月22日

事例358(バルコニーのおさまり)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 東北地方太平洋沖地震の影響で
 今日も1件の予定が延期。
 
 新築現場は今後しばらく、
 予定の延期が増えそうです。
 
 
 影響が出ない業務は「紛争処理」
 時間が空いてくるだけに、
 通常より処理時間が早まるでしょう。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「バルコニーのおさまり」
 __________________
 
 358

  
 
 ◆写真解説
 
 木造のバルコニー。
 掃きだしサッシ下の立ち上がりが
 規定(120mm)より低い。
 
 雨漏りしやすく、保険の対象にならない。

 
 ◆内容説明
 
 瑕疵担保保証を掛けていれば
 バルコニーの雨漏りは保険対象になる。
 
 ただし、保険会社は全ての雨漏りに
 保険を下ろすわけではない。
 
 雨漏りしにくい構造、おさまりを指定し
 正しく施工したにもかかわらず、
 雨が漏った場合に保険を下ろす。
 
 
 サッシ下の防水との取り合いは
 雨漏りが起きやすい。
 
 基準で120mm以上の高さを、取ることになっている。
 (理由は不明ですが、100mmでよい特定メーカーもある)
 
 
 
 
 ◆対策
 
 バルコニーの勾配など、大工さん任せの場合が多い。
 
 また、瑕疵保証の構造検査時に、バルコニーの施工が
 終わっていないと、防水はチェックされない。
 
 人任せに全てせずに、工程のポイントとして
 チェックすることが大切です。
 
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 名古屋の住宅現場でも
 今週からストップする現場が増えそうです。
 
 原因は外装材、住宅設備機器などの
 建築資材供給が止まっているため。
 
 
 名古屋でこの状況ですから
 被災地へも納入されない。
 
 建物復興の遅れが懸念されます。
 
 
 建材メーカーは
 被害情報をほとんど公表していません。
 
 もともと、情報を出さない体質ですから
 期待はできませんが、
 現在工事中、これから工事予定の業者、施主は
 詳しい情報を求めています。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 10:55│Comments(0)TrackBack(0)外部防水下地 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字