2011年03月08日

事例354(シーリング目地幅ゼロ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今月20日に名古屋第二環状線、
 高針〜名古屋南間が開通します。
 
 事務所は大森ICのすぐ近くにあり、
 緑区、天白区、知多半島方面へのアクセスが
 非常に便利になります。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「シーリング目地幅ゼロ」
 __________________
 
 354

  
 
 ◆写真解説
 
 サイディング工事。
 カットミスにより、窓まわりのシーリング目地幅がゼロ。
 
 防水性やクッションとしての役割を果たさない。
 窓右はきちんと確保されている。

 
 ◆内容説明
 
 サイディングなどの外装材は、
 温度や湿度の影響を受け
 目には見えない収縮をしている。
 
 それを材料の端部で、防水性を兼ねて、
 吸収するのがシーリング材。
 
 
 製造メーカーなどのシーリング工事の基準は
 幅8〜10mm以上。深さ6mm以上。
 
 写真は目地幅0。
 職人がカットミスをして、そのままにした。
 
 サイディングの上にシーリングを塗り、
 目地幅があるように見せかけることが可能だからだろう。
 
 
 見た目は誤魔化せても、触れば目地幅はわかります。
 
 時々検査でやり直し、してもらっています。
 
 
 ◆対策
 
 外装工事中に、気をつけて見れば
 素人でも発見できます。
 
 大手や有名メーカーは、窓まわりにも、
 目地幅を確保する役物を使わせて
 外装工事のミスを防いでいる。
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 昨日の夕方、自宅にリフォームの飛び込み営業が来て、
 決定権のある私の予定を、かなりしつこく聞いてきたようです。
 
 どんな営業をするか、仕事内容を隠して、
 見てみたい気もします。
 
 でも、100%依頼しないことは確実。
 相手や自分にとって、時間の無駄なので当然やめます。
 
 
 
 私は、訪問販売で物を買ったことはありません。
 
 過去、一番断るのに苦労したのは、
 前の事務所のとき、右翼と名乗る人が、本を売りに来た。
 
 断るのに1時間くらいかかりました。
 
 このような状況に遭遇したら、
 相手が根負けするまで、はっきり意見を言い、
 粘るしかないですね。
 怖がっていると付け込まれます。
 
 
 こんなことも以前ありました。
 分譲住宅会社が欠陥の是正についての
 打ち合わせの場に、ヤクザを同席させた。
 
 不利な書類へのサインを強要してきましたが、
 1時間以上粘り、サインせずに帰ってきた。
 
 
 
 今の事務所は、玄関がオートロックのためか、
 宗教の勧誘以外、いきなりの訪問者はいません
 
 
 訪問販売が来にくい環境を作るのも大事ですね。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 11:21│Comments(0)TrackBack(0)雨漏り | 仕上げ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字