2010年12月31日

事例335(通気層端部が塞がれている)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も半日くらいは、
 やり残した仕事を片付けていました。
 
 この仕事は普段、現場の都合に予定を合わせるため、
 休みを前もって決めれないなど
 プライベートと仕事を区別しにくいです。
 
 普段制約が多い分、今日は
 自分のペースで、仕事を片付けることができました。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「通気層端部が塞がれている」
 ________________________
 
 335









  
 
 ◆写真解説
 
 バルコニー防水上部。
 長期優良住宅などで必須の
 外壁通気層の下部開口が塞がれている。

 
 ◆内容説明
 
 外壁通気層の確保は
 
  結露の防止措置
  外壁雨水進入防止 のために、
  
 瑕疵担保履行法、長期優良住宅、フラット35の仕様で
 決められています。
 
 写真は通気層下部の開口が確保されていない。
 
 
 下部を塞ぎ、空気の流れを遮断することは、
 雨水進入防止措置には、影響はなさそうですが、
 
 結露防止に影響を与えます。
 
 
 ◆対策
 
 施工マニュアルがある会社なら、
 事前にこの部分の納まりを確認。
 
 ない場合は、外壁を張る前に検査する。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 先日、取材を受けたときにこんな質問を受けた。
 
 「簡単な欠陥を見落とす。または、
  業者の味方をする検査会社が多いと認識している。
  
  きちんとした検査会社の見分け方を教えてください。」
 
 
 私は、
 「難しい事例を、数多くこなしている会社を選ぶこと」
  と答えました。
 
 
 難しい事例とは
 ・言うことを聞かない、無知な業者の相手。
 ・悪徳業者の相手。
 ・裁判に発展するような事例。など

 
 ただ、これはホームページなどでは判断できないし、
 NPOや有名な会社だから、いい訳ではない。
 
 
 ではどうしたら見分けられるか?
 
 
 実際担当する検査員個人を見て、
  どんな仕事をしているかを、見分けるしかない。
  
 例えば、よく紹介をする岩山健一さんは、
 ブログを見れば仕事ぶりは、一目瞭然。
 http://ameblo.jp/jikenbo100/
 
  
 誰が来るのか、アルバイト検査員が来るのか
 わからない、大組織やフランチャイズの会社へ
 依頼することはバクチだと思う。
 

 
 争いに関わる仕事は、できれば皆、避けたい。
 
 私だって、
  相手の弁護士から滅茶苦茶言われたり
  「今から事務所に乗り込むぞ!」など大工から脅されたり
  
 できれば避けたいに、決まっています。
 また、そこまで仕事に困っていません。
 
 
 なぜ、そんな仕事を受けるか?
 
 それは、難しい事例をこなさないと
 仕事の向上がないからです。
 
 仕事でも、スポーツでも甘い環境では、
 レベルアップは望めません。
 
 強いライバルがいるなど
 厳しい環境の中に居ることが重要なんです。
 
 
 
 誤解されないように、一言付け加えておくと、
 
 困難な事例を引き受けますが、
 建築士は弁護士と違い、相手との交渉には限界があります。
 
 業者が何かと、言うこと聞かないから
 検査を入れることで解決しようとするのはダメ。
 
 依頼側がしっかりしていてこそ、当社の役割は生きます。
 
 まず、依頼先をしっかり見極めましょう。
 
 
 
 明日から4日までは、完全にオフ。
 
 ゆっくり休んだり、本を読んだり、
 スキーに行ったりする予定。
 
 
 
 来年が、あなたにとってよい一年でありますように、
 心から祈っています。
 
    
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)結露 | 外部防水下地

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字