2010年12月07日

事例328(シーリング施工忘れ)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今月は、週初めに比較的時間の余裕があります。
 
 今日は火曜日、現場予定に余裕があっても、
 週末に溜まった書類があり、
 それの処理に追われ、忙しいです。
 
  
 
■(1)今回の事例_________________

  「シーリング施工忘れ」
 ________________________
 
 328

 







 
 
 ◆写真解説
 
 部分的に外壁目地のシーリング施工を忘れた。
 シーリングがないと、外壁内へ雨が入る。
 
 
 ◆内容説明
 
 シーリング。
 
 コーキングとも言い。種類はいくつかある。
 内容をまとめたサイトを見つけたので紹介しておきます。
  http://www.epaint.jp/ePusefull/ePusefull_04.htm
 
 
 本例は、職人が施工を忘れ、
 誰も気が付かなかったようです。
 
 外周をぐるっと見るだけで、気が付くはずなのに
 全く検査されていない証拠です。
 
 
 ◆対策
 
 シーリングは防水上、重要なもの。
 足場を解体する前に全体をチェックすることが大事です。
 
 
 
==============================

■(2)編集後記
 
 
  タマホームが分譲住宅を手掛ける。
 
 この記事を見て思ったことは・・・
 
  「欠陥住宅が増えないか?」
  
 ※(地域による品質の差があり、
  きちんと施工している支店もあります)
  
  
 一般的に分譲住宅は、注文住宅に比べ、
 欠陥住宅である確率は高い。
 これは私の、過去のデータからも間違いない。
 
 そう言われる要因は、
 
 ・職人単価が注文住宅より安い。(コストの相対性)
 ・突貫工事並みに早く造る。
 ・建築主は自社であるため、気を使わずに造れる、などから。
 
 また、よく私が業者から聞く言葉は
 「分譲だから仕方がない」
 
 造る側がこのように思っていては、いいものはできない。
 
 
 欠陥の確率の高い分譲住宅を、掴みたくなかったら
 何としても土地を手に入れるかしかない。
 
 いい更地が無ければ、
 中古住宅を買い、解体するのがいいかもしれない。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 16:04│Comments(0)TrackBack(0)雨漏り 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字