事例323(床下断熱材のたれ)事例325(筋交い金物ビス抜け)

2010年11月23日

事例324(アンカーボルトの位置が悪い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 ここ最近、毎日アマゾンから本が届く。
 
 専門書やビジネス書など思いつきで
 買ってしまっているからです。
 
 
 仕事が忙しくても、合間の時間で本を読んでます。
 
 業者へ指示する立場、
 専門書を中心に、知識のインプットを大事にしています。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの位置が悪い」
 ________________________
 
 324

  








 
 ◆写真解説
 
 柱がくる位置にアンカーボルトがある。
 
 これでは緊結が十分できない。

 
 ◆内容説明
 
 写真の穴になっている部分は
 柱の「ほぞ」※が入ります。
 
 ※「ほぞ」(木材を接合するための突起)
 
 この部分にアンカーボルトがくると
 座金が十分に効かないし、
 柱の「ほぞ」を削ることになります。
 
 
 最近の検査で、未だにアンカーボルトを
 コンクリート打設後に入れている現場を見た。
 
 フラット35の仕様書では、これは禁止されていますし、
 品質確保を考えると、やるべきでない施工。
 
 
 なぜ、現場監督が指導できないか
 不思議です。
 
 
 ◆対策
 
 図面上でのミスをなくすこと。
 アンカーボルトを事前に設置し、位置を検査する。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 断熱材がない!
 大工が足らない!
 
 現在、住宅バブルの現象が起きています。
 
 そのけん引役は、パワービルダー※と呼ばれる業者と
 ローコストメーカー。
 
 ※パワービルダー
 大手のハウスメーカーが手掛けないような狭い土地に、
 小型物件を圧倒的な低価格で積極的に供給する
 
 
 現在、これらの仕事をする職人は、相当忙しい。
 
 人手が足らないから、早く終わらせて、
 次の現場へ入らないといけない状況になっている。
 
 この状況で、仕事が雑になる傾向を感じています。
 
 また、現場監督も忙しいので
 能力オーバー状態の人を見かける。
 
 
 これから年末、3月に向けて、
 ますます忙しさが増すと思います。
 
 せっかくお値打ちに購入したのに
 欠陥だったと後悔しないようにしたい。
 
 安心を買うなら、
 アーネストワン、一建設、サンヨーハウジング名古屋
 など、株式を公開している住宅専門会社の物件を買うと、
 大きなミスがある確率は低い。
 
 ここ最近の基準、法律の改定内容が難しく
 きちんと細部まで理解できているのは
 やはり企業規模が大きい会社です。
 
 こんなことを言うと、個人的に大手を「ひいき」
 しているように聞こえますね。
 
 そんなことはありません、個別相談に来られた方には
 買ってはいけない大手メーカーを、いくつか教えています。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai


iekensa at 15:30│Comments(0)TrackBack(0) アンカーボルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
事例323(床下断熱材のたれ)事例325(筋交い金物ビス抜け)