2010年11月02日

事例318(筋交い切り欠き)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 昨日は沼津、今日は伊勢。
 
 移動が長いと、体が疲れますが、
 久しぶりに新幹線の「こだま」に乗ったり
 牡蠣を食べたり、楽しみもありました。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「筋交い切り欠き」
 ________________________
 
 318









 
 ◆写真解説
 
 和室の廻り子を取り付けるため、
 筋交いを切り欠いた。
 
 地震力などを受ける筋交いは
 当然、切り欠いてはいけない。

 
 ◆内容説明
 
 壁の最上部、天井との境目につく「廻り子」。
 
 床が畳であるだけの、洋風和室や
 天井がクロス張りの和室は別として
 和室の廻り子は通常、柱などを切り欠いて、
 取り付ける。
 
 
 柱は断面積の1/3まで、切り欠きが許されているが
 筋交いは一切欠いてはいけない。
 (建築基準法施行令43,45条)
 
 
 現状、抜け節や、割れのある筋交い材も
 平気で搬入されている。
 
 こんな材料を見れば、大工さんも
 このくらいなら、欠いてもいいだろうと、
 勘違いするかもしれない。
 
 
 ◆対策
 
 法律、基準を大工さんにまで認識させる。
 余裕のある構造設計と現場の検査が重要です。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 最近読んだ本の中から、
 住宅ローンに関することを紹介します。
 
 週刊現代で連載されている「お金の神様」をまとめた本
 
 「お金の神様」 中原圭介著 講談社  より
 
 
 
 この本は、世界中の経済状況を厳しくとらえています。
 
 住宅ローンについては一行目に
 
 「一般的なサラリーマンは住宅ローンを借りてはいけない、
 これが私の持論です」
 
 と書かれていて、
 「今が買い時」と煽る、住宅関連のセールスとは正反対です。
 
 
 他にも
 ・住宅ローン減税の効果はあまりない。
 ・買わないと自分のものにならない、というのは幻想。

 など、家は買うなと、忠告をする内容。
 
 
 後半は、それでもローンを組むなら
 
 ・「失業しない」、「給料が下がらない」が絶対条件。
 ・ボーナス払いなし、月々の支払いが、
   手取り月収の3分の1以下に抑える。
 ・固定金利で借りる。
 
 などとアドバイスしています。
 
 
 自分に都合がいい意見ばかりでなく
 厳しい意見も参考にしてみてください。
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ

  長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 22:05│Comments(0)TrackBack(0)筋交い、金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字