2010年10月05日

事例310(防水紙、縦の重ね不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 夕方、健康診断に行ってきました。
 
 ここ1,2ヶ月で体重を3kgほど落としたり
 健康には気を使うようにしています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「防水紙、縦の重ね不足」
 ________________________
 
 310
  









 
 ◆写真解説
 
 外壁防水下地。
 防水紙、縦の重ねは150mm以上必要。
 写真は半分以下の60mmしか重ねられていない。
 
 雨漏りの原因になる。
 
 
 ◆内容説明
 
 先回に続き、外壁防水下地。
 
 本例は、本職でない人が張ったと思われる。
 
 防水紙を外壁に張っていくだけだから、
 誰にでも施工ができる。
 
 前に、見習いの現場監督が
 施工している現場を見たこともある。
 
 
 この防水紙、外壁の防水に非常に重要なもの。
 きちんと基準どうり、雨が漏らないように張らないと
 意味がないです。
 
 また、外壁を施工すると、やりかえが困難。
 
 先回と同じく、雨漏りを防ぐための下地防水は
 安易に施工してはダメ。
 
 
 ◆対策
 
 見習いの職人に施工させる場合は
 きちんと教えたり、チェックすることが必要。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 今日、検査に行った現場。
 
 まわりの環境は、新しく50区画ほど分譲された土地で、
 どこも住宅建設ラッシュ。
 
 
 ただ、家を建てる会社を選べない、
 全て建築条件付きの宅地。
 
 
 
 家を建てるときに
  土地と建物、どちらを優先するか?
  
 ほとんどの人が土地だと思います。
 
 
 輸入住宅がいい・・
 鉄骨の家がいい・・など
 買う前に思い描いた家があっても、
 
 購入する土地に、建築条件が付いていれば
 あきらめるしかありません。
 
 
 都市部では、中古住宅を買って、既存を壊すなどしないと
 建築条件付でない宅地はあまりないですね。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 

iekensa at 23:16│Comments(0)TrackBack(0)外部防水下地 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字