2010年09月03日

事例301(外壁防火違反)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 9月になっても猛暑が続きます。
 
 今日3件、現場行ってきましたが
 どの現場も暑かったです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「外壁防火違反」
 ________________________
 
 301

  









 
 ◆写真解説
 
 ユニットバスまわりの外壁。
 室内側に防火被覆のために必要な石膏ボードの施工がなく、
 断熱材が露出している。
 
 
 ◆内容説明
 
 平成12年の告示で改正された防火の事項。
 
 木造建築物等の外壁で延焼の恐れのある部分は
 室内側に9.5mm以上の石膏ボード又は
 グラスウールなどの断熱材を充填した上に
 4mm以上の合板の施工が必要。
 (ダイライトなどの施工があれば省略できるケースあり)
 
 ユニットバスの外壁部以外に
 屋根裏、1階の天井裏の外壁部も同様です。
 
 
 三井ホーム、一条工務店、住友林業、ミサワホーム
 センチュリーホーム、ウッドフレンズ、タマホーム
 サンヨーハウジング名古屋など
 
 大手のメーカーではほとんど守られているが、
 未だに守られていない業者が多い。
 
 これは法改正を知らない建築士が多いのと
 一部の建築主事がこの防火被覆を
 要らないと言っているからです。
 (法律文だけ読むと天井裏などはグレーゾーンで
 どちらとも取れるからです。)

 コンプライアンスが重視される現代
 甘いほうへ解釈することはどうかと思います。
 
 
 ある有名メーカーの一部の支店で
 これが守られていなかった。
 
 昨年、建築ジャーナリストに指摘を受け、
 週刊誌に記事を書かれたことをきっかけに
 今では標準施工になっています。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 瑕疵検査などでこの指摘を受ける建物が
 今後増えると思う。
 
 今は「グレーゾーン」でも
 実際に火災の被害などが出て
 これが完全に「クロ」となる可能性がある。
 
 
 補修が大変な部分だけに
 今、施工しておくことが大事だと思います。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 9月1日、防災の日に
 洪水のニュースを耳にした。
 
 やはり今後、集中豪雨が増えるらしい。
 
 しかし、都市部でその対策が遅れているようです。
 
 
 床上浸水の恐れのある地域に
 これから家を建てる人は
 1階床の高さに気をつけるべきです。
 
 
 実際には、建築基準法で高さに対する制限があり
 無理な場合がある。
 
 東京の3階建て住宅では最高高さを抑えるため
 1階が半地下になっている家が多く
 集中豪雨で下水があふれたりすれば
 すぐに水につかるでしょう。
 
 
 建築基準法がこのままだと
 3階を建てられなく人が増えるかもしれません。
 
 法改正の議論になりますが
 周辺に影響がなければ
 高さ制限の緩和が必要だと思います。
 
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 

iekensa at 18:37│Comments(1)TrackBack(0)躯体全般 | その他

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大田区の屋根工事見積りサイト   2010年09月04日 16:10
はじめまして。

ずさんな工事をする、
悪質な業者が多いのは残念です。

リフォーム業務を営むための規制を、
もう少し厳しくしても良いですよね。。

リフォームにしても、
一つ間違えると人命に関わりますから。

大変参考になりました!
また、お邪魔させていただきます^^。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字