事例297(土台サイズが小さい)事例299(ホールダウン金物固定不備)

2010年08月24日

事例298(リフォームで基礎破壊)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 体のケアをはじめるため、
 ここ数日で、関連する本をたくさん読みました。
 
 いつも読む分野ではないので
 たくさんの気づきがあり
 
 これからは読書の分野を
 広げてみようと思います。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「基礎の破壊」
 ________________________
 
 298

 








 
 
 ◆写真解説
 
 基礎コンクリートの破壊。
 
 配管を通すためにコンクリートをはつり、
 鉄筋まで切ってしまった。
 
 
 ◆内容説明
 
 リフォーム工事で基礎を破壊した。
 
 
 コア抜きなどコンクリートの穴あけの道具は使わず
 はつりで穴をあけ、補修もしない。
 
  ずさんな工事です。
 
 
 たぶん、職人さんも新築より
 気を使って仕事しないのでしょう。
 
 
 TVのリフォーム番組で
  解体や工事中を見て何か家が弱くなっている
  と思いながらも
  
  仕上げのきれいさを見ると
  そのことを忘れてしまいませんか?
  
  
 古い家がきれいになることはうれしいですが
 骨組が弱くなり、地震などで被害がでたら
 お金をかけた意味がありません。
 
 
 リフォーム工事こそ
 厳しい検査が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 安易に業者を決めない。
 
 現場監理(管理)を重視する。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 昨日、ツイッターに
 現場へ入る前に人を見る。とつぶやきました。
 
 
 職人さん、監督さんを見れば
 現場品質の予想ができ、
 
  それがだいたい当たります。
 
 
 嫌々やっているか
 
 いい物を造ろうという気持ちでやっているかは
 表情ですぐわかる。
 
 
 
 昔ながらの職人気質の人がいれば
 判断を間違えそうですが、
 
 そのような場合は仕事を見れば判断できます。
 
 
 工業化が進んだといっても
 まだまだ、現場で造るほうが多い。
 
 だから、現場の人たちの気持ちで
 品質は変わります。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 14:49│Comments(0)TrackBack(0) 基礎かぶり、コンクリート 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
事例297(土台サイズが小さい)事例299(ホールダウン金物固定不備)