事例293(鉄筋のあき)事例295(先張りシートの破れ)

2010年08月13日

事例294(構造壁 釘の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 事務所は12日から16日まで夏休み。
 
 私は検査、数件の対応と
 溜まった書類作成があり
 
 完全な休みは2日間くらいの予定。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「構造壁 釘の不備」
 ________________________
 
 294

 







 
 
 ◆写真解説
 
 耐力壁面材、釘ピッチが遠い。
 本来@125mm のところ@200mm程度。
 
 所定の耐力が確保できない。

 
 ◆内容説明
 
 木造住宅で筋交いのかわりに使われる
 構造用面材の釘打ち不備。
 
 釘の本数が少ないと
 当然、所定の耐力が出ない。
 
 これは鉄筋コンクリートで鉄筋を抜かれるのと
 かわらない行為。
 
 
 この写真は、ある有名メーカーの現場で撮影したもの。
 最近見ただけでも、この釘打ちの不備率は8割以上。
 
 つまり8割以上が構造欠陥物件。
 
 
 多くの人が何となく
 このメーカーは危ないとわかっているのに
 ここへ依頼し住んでいる人がたくさんいる。
 
 
 自分だけは大丈夫という
 気持ちが働くためでしょうか。
 
 
 ◆対策
 
 火のないところに煙はたたない。
 
 危ないと思いながらも
 その会社へ依頼する場合は、
 
 瑕疵保証検査をあてせず、
 第三者検査を入れましょう。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
  「企業エゴ」 が
 
  みえみえの会社が多い。
 
 なのに、家を買う人は
 嘘の広告や営業マンの口車にのって
 
  それが見えない。
 
 
 あとで手のひらを返され
 「しまった」と思いたくなければ
 
 買う時に、冷静になって判断しましょう。
 
 
 エゴを見抜くことは結構、簡単です。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai
 


iekensa at 06:14│Comments(0)TrackBack(0) 躯体全般 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
事例293(鉄筋のあき)事例295(先張りシートの破れ)