2010年07月16日

事例286(筋交い金物の釘が違う)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 歯の治療中で
 今、前歯に特殊なものが被さっているため
 
  とっても話しにくいです。
 
 あと、2週間くらいの我慢。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「筋交い金物の釘が違う」
 ________________________
 
 286

 





 


 
 ◆写真解説
 
 筋交いを固定する金物。
 指定と違う普通の釘が使われている。
 
 これでは役割を果たさない。
 
 
 ◆内容説明
 
 大地震時に筋交いが外れないように
 筋交いを固定する法律で決められた金物で、
 
 釘やビスの種類も指定されています。
 
 
 金物だけ在庫品なのか
 釘は現場にある「普通の釘」が打ってある。
 
 径も頭も小さく
 指定のビスよりかなり耐力的に弱い。
 
 また、すでに錆びも出ている。
 
 
 
 ◆対策
 
 この筋かい金物は法改正から10年経過し、
 かなり認知されている。
 
 取り付け自体の間違いは少ないが
 在庫品などを持ってくると種類が混ざり、
 ビスが他の認定品のものと混ざることがある。
 
 
 ビスを全数検査することが大事。
 
 
==========================

■(2)編集後記


 「どこの業者でもやっている」
 
 
 これは私に、重大な瑕疵を指摘された
 現場監督の開きなおりの言葉。
 
 スピード違反で
 運悪く自分だけ捕まったときの言い訳に似ています。
 
 
 スピード違反はカメラに撮られない限り
 あとから証拠が残りませんが
 
 家は解体するまでは存在します。
 
 
 「欠陥住宅みんなで造れば怖くない」
 
  は間違いです。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング


長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai 

iekensa at 20:01│Comments(0)TrackBack(0)筋交い、金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字