事例273(床下に地下水侵入)事例275(金物ビス施工忘れ)

2010年06月04日

事例274(制震装置のビス施工忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も検査4件行ってきました。
 
  検査に行ったあとは
  書類作成の仕事が待っています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「制震装置のビス施工忘れ」
 ________________________
 
 274
  




 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 
 制震装置のビス施工忘れ。
 
 これでは100%機能を発揮しない。

 
 ◆内容説明
 
 
 地震時の揺れを軽減する「制震装置」
 
 軽量鉄骨や木造住宅の現場で
 最近、時々見かけます。
 
 
 基礎の下へ設置する
 「免震装置」よりは安価ですが
 
 それでも
 追加金額を払って取り付けるもの、
 
 
 きちんと施工して欲しいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 本例の場合。
 ビスが正面から見えない箇所にあった。
 
 重要なビス類は、職人さん任せにせずに
 検査することが大事です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記


 先週、完成物件の検査で
 畳をあげたら、
 
  畳の裏側に「カビ」が生えていた。
 
 
 原因は下地合板の濡れ。
 
  工事中、雨養生のため、
  床に貼ったビニールの下に
 
  雨が入り込んだ。
 
 
 このビニールを剥がしたのが
  完成直前だったため、
  合板が乾いていなかった。
 
 
 「カビ」は健康を害します。
 
 
 多少、雨で濡れることは仕方がないとしても
 材料が濡れた場合は早期に乾燥させることが大切。
 
 
 もうすぐ入梅、
  雨が気がかりな時期です。
 

  
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング

 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai 

iekensa at 18:32│Comments(0)TrackBack(0) その他 | 木造構造金物

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
事例273(床下に地下水侵入)事例275(金物ビス施工忘れ)