2010年05月21日

事例270(筋交いのひび割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今、四日市から帰ってきました。
 
 気温が30度を超えると
 現場はやっぱり暑いです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「筋交いのひび割れ」
 ________________________
 
 270
 
 


 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 筋交いのひび割れ。
 裏側からのビス打ちが原因。
 
 これでは緊結の意味がない

 
 ◆内容説明
 
 筋交いの端部は告示に沿った、
 金物による緊結が必要。
 
 金物のほとんどがビスで固定される。
 
 たまたまでしょうが
 ビスを何本か打ったときに
 木にヒビが入った。
 
 
 大地震が起きる前に
 割れてしまっては
 
 強度的に弱くなるのは確実。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 ビスを施工したくらいで
 割れる木は使わない。
 
 また、以前の例にも取り上げていますが
 断面寸法の決まっている筋交いに
 抜け節、欠けのある材料が
 よく使われている。
 
 瑕疵にならないように
 筋交いの材種の選定が大切。

 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 これは業者さんへの忠告。
 
 
 一般社団法人 AJIA という組織が発足しました。
 
 私はここで中心的な位置で活動をします。
 
 そのうちHPができるので
 今回、詳細な説明は省略しますが、
 メンバーを見てびっくりする
 悪徳業者がいるでしょう。
 
 
 不動産業界は、
 
 偽装、隠蔽が平気で行われていた。
 
 また、マスコミ関係も
 スポンサー企業の不祥事を扱わなかったり
 これらの情報が表に出ませんでした。
 
 
 今後は、この組織によって
 
 事実を実名で記事にしたり
 画像などがネット配信されるようになる。
 
 
 当然、事実だけを扱うので
 まじめにやっている業者にとっては
 何も怖くない。
 
 
 今朝も大阪の詐欺リフォーム会社の話が
 入ってきました。
 
 HPを見ると屋号から内容まで
 
  羊の皮を被った「狼」状態。
 
 
 これでは素人さんが騙されて当然。
 
 
 こんな情報も今後は事実を確認した上で
 公表したいと思います。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 長井のツイッター
  http://twitter.com/ryojinagai

iekensa at 20:05│Comments(1)TrackBack(0)筋交い、金物 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とかちゃん   2013年04月21日 08:56
対して問題は無い感じだね

金物で固定すればビスの穴でどうしてもそうなります

引抜きの力が掛るための筋交では無いので問題は無いです

コメントする

名前
URL
 
  絵文字