2010年04月23日

事例262(鉄筋継ぎ手長さが不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の予定は検査4件。
 終日、バタバタしそうです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「鉄筋継ぎ手長さが不足」
 ________________________
 
 262

 





 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 基礎鉄筋の継ぎ手。
 鉄筋径13mmの40倍=520mm必要な箇所。
 400mmしかない。
 
 (他にかぶり不足等、不備があります)

 
 ◆内容説明
 
 住宅の基礎の鉄筋。
 
 その継ぎ手は重ねてつなぐ。
 
 
 建築工事標準仕様書の規定では
 コンクリートの強度で継ぎ手長さは変わる。
 
 小規模建築物基礎設計指針では
 一律、鉄筋径の40倍としている。
 私の経験上、ほとんどの会社が
 これで施工している。
 
 
 継ぎ手長さが短いと
 その部分が弱くなるので
 
 重要なポイントです。
 
 
 
 ◆対策
 
 職人さんへの基準の徹底。
 
 細かな配筋検査でミスは防げます。
 
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 「広告は嘘をつく」
 
 最近、一つ実例を見つけました。
 
 
 「賃貸脱出、マイホームは買ったほうが得」という広告。
 
 
 月々の家賃とローンが変わらないと書いてある。
 
 よく見ると、固定資産税や購入諸費用などが入っていない。
 また、金利は変動で1%、35年返済で計算されている。
 
 ただ単に、数字を合わせただけに思えます。
 
 
 
 それでも、買えば最終、資産として残るから得?
 
 
 そうでしょうか?
 
 
 私は前から思っていましたが、
 地価が上がらない限り、
 実は賃貸との損得は変わりません。
 
 
 このあたりの詳しいことが最近発行された
 この本に書かれています。
 
 「会計HACKS!」 東洋経済新報社 小山龍介、山田真哉・著
 
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492043691/
 
 
 会計の本ですが
 家、マンション購入の事がたくさん書かれています。
 
 
 広告や営業の上手い話に乗らないためにも
 このような知識を取得してください。

 人気ブログランキング
 

iekensa at 16:37│ 基礎鉄筋