2010年04月13日

事例259(外壁タイルの段差)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は書類などの締め切りが3つ。
 
 朝8時から集中しています。

 
 
■(1)今回の事例_________________

  「外壁タイルの段差」
 ________________________
 
 259
 


 


 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 外壁タイルの段差。
 これでも完成として引き渡されたもの。
 
 納得できるはずがない。


 
 ◆内容説明
 
 これを見て「上手な施工だ」という人は
  いないでしょう。
 
 
 この状態で完成引渡し。
 
  施工した職人。
 
  監理している建築士。
  現場監督。
 
 何を考えているか理解できません。
 恥ずかしいと思わないのでしょうか?
 
 品質に対する意識が低すぎます。
 
 
 
 ◆対策
 
 完成時、チェックせずに引渡しを受け、
 あとで、いろいろ気づくケースがあります。
 
 
 良く確認してから引渡しを受けましょう。

 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 今日の例に関連する話をします。
 
 
 検査の種類の中で、
  業者から露骨に嫌な顔されることの一つ。
  
 
 それは、「完成時」仕上げ等のチェック。
 
 指摘として
 ・床のタイルが浮いる
 ・床に穴があいている
 ・トイレのカウンターが斜めに付いている
 ・ドアの建て付けが合ってない
 
 例を挙げればきりがない。
 
 
 補修をかけるのが手間なのか
 
 検査で指摘を受けなければ、
 そのまま引き渡そうとする業者が多い。
 
 以前、室内ドアが枠に当たって閉まらないのに
 「それは普通です」と言った大手分譲業者の営業もいた。
 
 
 
 これでは、職人の腕は上がらず、
 同じ事を繰り返し、
 いつまでたっても品質はよくならない。
 
 
 職人のような職業はダメなところを
 認識させないと腕は上がらない。
 
 
 昔は親方がその役割だったが
 現在は親方も弟子もいない一人親方がほとんど。
 
 監督など誰も指導しないから
  人によっては全く向上がない。
  
 
 
 品質の向上は
 お客、業者、職人・・・皆にとって「いい事」です。
 
 
 慣れ合いの現場をぶち壊すようで恐縮ですが、
 これからも、厳しく指摘したいと思います。
 
 人気ブログランキング

iekensa at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)仕上げ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字