2010年03月26日

事例254(鉄筋の継ぎ手の不具合)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今の時間は21時半。
 
 金曜日の発行を守るため
 仕事をあと回しにしてブログ書きます。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「鉄筋の継ぎ手の不具合」
 ________________________
 
 254
 




 

 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 基礎鉄筋、T字の接合部。
  下端筋の継ぎ手がない。
  
 本来は、上と中間(赤矢印)のように
 折り曲げて接合。


 
 ◆内容説明
 
 たまにある例。
 
 職人さんの思い込みで「やらなくてもいい」と
 判断しているのでしょう。
 
 
 構造的に意味がある部分であり
 接合しないと当然、弱くなる。
 
 
 
 ◆対策
 
 現在、基礎の配筋検査は
  当たり前になっています。
  
 見落としがないように検査すれば
 起きない問題です。
 
 
 
=========================

■(2)編集後記

 
 昨日と今日のスケジュールは
  特にハードでした。
 
 紹介しますと
 □昨日のスケジュール
 
 8時 1件目新築検査
 10時 耐震補強計画の打ち合わせ
 13時 2件目新築検査
 14時 3件目新築検査
 17時 4件目新築検査
 
 このあと150KM車で移動し
 20時から打ち合わせ。
 
 
 □今日のスケジュール
 
 朝から三重県伊賀市へ移動+中古住宅検査。
 15時 名古屋へ戻り1件目新築検査
 16時30分 2件目新築検査
 18時30分 打ち合わせ
 21時 電話相談
 
 
 これだけ現場ばかりですと
 書類がたまってしまいます。
 
 
 机上の書類の山を早く減らさないといけません。
 

iekensa at 22:05│Comments(0)TrackBack(0)基礎鉄筋 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字