事例205(筋交い金物 撤去)事例207(アンカーボルト埋込み不足)

2009年10月02日

事例206(雨漏り)


 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 午後から打ち合わせが急になくなりました。
 
 ふと空いた時間も何かいいですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「雨漏り 」
 ________________________
 
 206
  





 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 外壁内側での雨漏り。
 赤外線撮影によって
 窓下から入り横へ広がっていることがわかった。
 
 
 ◆内容説明
 
 雨が漏るということで
 赤外線カメラを使って原因調査。
 
 表面には見えない外壁裏につたう
 雨漏りを発見。
 
 原因は窓下のシーリング切れと
 外壁内側の一次防水の不備。
 
 
 ◆対策
 
 外壁からの雨漏りは
 窓まわりや設備の貫通部が原因であることが多い。
 
 一次防水工事のチェック
 外壁施工、特にシーリング工事のチェックが重要です。
 
 
============================

■(2)編集後記

 
 今週、事務所から現場へ行く途中に
 基礎を壊している現場を見ました。
 
 工業化住宅の大手ハウスメーカーの現場で
 何か重大なミスがあったのでしょうか?
 
 品質管理ができている大手でも
 このようなことは起きるんですね。
 
 
 


iekensa at 12:47│Comments(0)TrackBack(0) 雨漏り 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
事例205(筋交い金物 撤去)事例207(アンカーボルト埋込み不足)