事例200(ホールダウン 固定不良)事例202(筋交い端部の隙間)

2009年09月15日

事例201(ビス不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 約3日間、出張で事務所を空けていました。
 
 積み上がった書類を背にメルマガ配信です。
 
 
■(1)今回の事例__________________

 ・「筋交い金物ビス不足 」
 _________________________
 
 201
 




 
 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い金物のビス不足。
 筋交いとの固定に6本必要な所、
 2本しかビスが打たれていない。
 
 
 ◆内容説明
 
 筋交いが付いていても
 地震時に外れてしまえば無意味です。
 
 昔は釘うちだけでしたが、
 現在は写真のような金物で端部をしっかり
 緊結することになっています。
 
 
 ビス本数が多いため
 施工忘れなどおきやすいですね。
 
 
 ◆対策
 
 先回と同じ。
 検査でビス、金物類を全数チェックする。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 市役所の担当者に振り回されました。
 
 こちらが意見したことに対し
 一度出した結論を昨日、180度かえてきました。
 
 そのことで、
 やらなくてもいいことをやらされたり
 家の住人にもかなり迷惑がかかりました。
 
 最初から私の意見どうりにしていれば
 何の問題もなかったんです。
 
 それなのに担当者は謝罪も無く
 「無かったことにして欲しい」の一言だけ
 
 
 私はこのことを怒るわけでもなく許せますが、
 
 人に迷惑かけたことだけは
 わかって欲しかったです。

iekensa at 16:18│Comments(0)TrackBack(0) 筋交い、金物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
事例200(ホールダウン 固定不良)事例202(筋交い端部の隙間)