欠陥住宅事例90(ダクトの潰れ)欠陥住宅事例92(シーリング目地幅なし)

2008年06月21日

欠陥住宅事例91(防水紙切れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 土曜の午前、
 昼間事務所に居るのは1週間以上ぶりです。
 ただ、午後からは3件検査予定が入って
 のんびりとはいきません。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「防水紙の切れ」
  _______________________
 91



 
 


 写真解説:防水シートの切れ。上の木をカット
       した際に一緒に切れてしまった
 
 外壁材の裏側で防水の役割を果たす
 
  「防水紙」
  
 今回の事例は、胴縁(写真に写っている木)を
 取り付けたあと、のこ切りで長さをカットしたため
 防水紙が破れてしまった。
 
 
 防水紙=破れていては雨が入り、当然ダメ
 
 
 本来、胴縁はカットしてから付けるべきですが
 施工がたぶん楽なのでしょう。
 
 
 今回のような事例は
 ここ、数ヶ月で3件くらい見ました。
 
 同じ職人じゃないですよ。
 
 破れてしまったあと、何らかの措置をすれば
 まだ、良いのですが、
 全ての現場
 
 ・・・そのままでした。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の部分は、あとから見えなくなる
 壁の裏側で、外装では一番重要な部分でしょう。
 
 雨漏りの瑕疵保険を掛けてあっても
 今回のような瑕疵があれば保険は認められない
 可能性もあり、
 
 ここでの検査は比較的重要です。
 
 
 当社は断熱材の検査のとき、
 外部防水紙も検査してます。
 
 
 
=========================
■(2)編集後記
 
 
 建売や中古住宅購入前の検査
 
 契約前に検査をして、瑕疵があれば契約しない
 というのが理想ですが、
 ほとんどは契約後の依頼が多いです。
 
 良心的な業者から買う場合は
 それでも問題ないですが
 
 契約後、強気になる業者はタチが悪い。
 
 
 お金のかかる補修は拒否してくる。
 
 
 この前も、玄関のポーチへ上がる階段の蹴上げ(高さ)
 が一定でなく(5CMほど違う)
 うちのスタッフも検査中につまずいたりしたので
 危険だと指摘したところ
 
 「建築基準法に外部階段について
    そのような規定はなく瑕疵でない」
 
 という反論がきました。
 
 
 契約前であればきっとこんな事、
 言わないでしょう。
 これから長く住む家、あとあとの対応も
 良くはないでしょう。
 
 
 契約前に調査するか
 業者の誠意を見極めるしかありません。
 
 建物の良し悪しも大事ですが
 
 いい業者から買いましょう!

iekensa at 10:52│Comments(0)TrackBack(0) 外部防水下地 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
欠陥住宅事例90(ダクトの潰れ)欠陥住宅事例92(シーリング目地幅なし)