2008年02月16日

「号外7」結露 

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 このところの寒さ厳しいですね
 基礎など外の検査はもちろん
 完成検査では部屋内を素足で歩くため
 足がとても冷たいです。
 
 ところで
 最近、「結露」の相談が多いです。
 
 
 気温が低いと屋内との温度差が大きくなり
 結露はおきやすいです。
 
 
 新しい最近の家は結露しないという考えは
 間違いです。
 
 
 結露発生の原理を知れば、納得できるものの
 
 「結露」に関する書物などは非常にわかりにくい
 
 私もいろいろ結露に関する本を読みましたが
 空気中でおきる現象を言葉で理解する事は難しいです。
 
 
 
 そこで
 まず、結露が嫌なら
 
 1、家を計画の際、サッシ選びを考慮しましょう
 
  温度差は結露の一番の原因です。
  最近は2重ガラスが増えましたが枠がアルミのままでは
  外気がそのまま伝わるため結露は防げません。
  
  思い切って「樹脂サッシ・・枠が100%樹脂製」、
  にすればサッシの結露からは開放されます。
  (洗面所など湿度が一時的に多くなる場所は樹脂でも
   結露することあります)
  
  (参考)樹脂サッシメーカーのHP
  http://www.shanon.jp/index.html
  
  
 すでに建てられた方はサッシを替えることは困難です
 結露のおきにくい条件として
 
 
 2、湿度管理をする
 
  車のガラスがくもるのは雨の日ですね
  湿度が高ければ結露もしやすくなります。
  
  一般的に湿度40%以下は風邪をひきやすいと言われ
  加湿器を使う人が多いです。
  
  部屋の湿度に関係なく加湿すれば水蒸気量が増えて
  結露を起こしやすくするだけです。
  人の息からも水蒸気が出ますし、料理をしても
  水蒸気が出るため、湿度管理をしながら加湿器を使いましょう。
  
  換気自体も有効ですが換気しても加湿していれば
  湿度は高くなります。
  
  あと、お風呂は蓋をして、
  蒸気は必ず換気で外へ出しましょう。
  
 
 
 3、調湿できる内装材を使う
 
  湿度管理と言ってもなかなかこれは面倒です。
  
  内装で湿度をコントロールする材料を使うとよく、
  内装なのでリフォームでも十分可能です。
  
  ビニールクロスだけの部屋は水蒸気の逃げ場もありません。
  水蒸気を吸収する内装材を使うと調湿(湿度を安定させる)
  をするので結露がおきにくくなります。
  
  代表的なのは天然木、紙、INAXのエコカラット
  などがあります。
  
  
  
  幸い、築5年目の我が家も結露とは無縁です。
  
  サッシは国産ですが、
  アルミ枠の中間に樹脂をはさんだタイプの
  ガラスは2重ガラスです。
  
  上記の2,3番の効果も大きいです。


iekensa at 10:17│Comments(0)TrackBack(0)号外 長井のコラム 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字