2008年01月05日

「号外」完成時の傷、汚れはどこまで言える?

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 先月は完成検査が多くその時に感じたことをお伝えしましょう。
 
 
 『完成時の「傷、汚れ」はどこまで言える?』
 
 
 家が完成し内部を見たときの感想は人それぞれです。
 
 「素敵な家が完成した〜」
 「思いどうりの夢がかなってうれしい〜」
 
 「工事中いろいろあったけど無事完成してよかった」
 「思っていたイメージと少し違う箇所が・・・」
 「傷、汚れが気になる」
 
 
 この中で最後の検査でよく問題になるのが
 「完成時の傷、汚れ」
 
 
 施主の立場とすれば新車などを買うような時と同じで
 
 傷、汚れがなくて当たり前  です。
 
 
 しかし、建築業者側の考えはそれぞれです。
 
 私の経験上
  大手ハウスメーカーは
  傷、汚れで施工時につけた物は軽微でも当然責任がある
  という考えできちんと直してくれます。
  
 これと全く正反対の業者もいます。
  家は気をつけていても傷、汚れが付いて当たり前、
  住めば傷が付くし、仕方ない。
  
 
 買う前に後者の意見の会社だったら依頼しますか?
 
 きっと頼まないでしょう。
 
 しかし、大半は後者の考えの業者です。
 完成検査時に傷、汚れを指摘すると顔がだんだん
 険しくなる・・・よくあることです。
 
 前もって完成時の傷、汚れが発覚したときの
 対応を聞いてみるもの手です。
 
 
 ここで完成時の傷、汚れを見るポイントを教えます。
 
 傷、汚れは見出したらはっきり言ってキリがありません
 私でも全て見落とさずに指摘を出せと言わせても無理です。
 以下の方法を心がけてください。
 
 自分の生活目線(掃除目線も入れて)で気になる箇所を
 チェックすると良いでしょう。
 その時、意識する所は
 
 ・壁、天井、床
 ・ドア
 ・設備機器など・・目に入るもの全てです
 
 上記にも書きましたが立って見ているだけではダメです
 ここでは座る、寝る、掃除するなど
 生活を想定すると良いです。
 
 なぜ掃除を意識するか?・・・掃除をするときはきれいにしようと
 いう意識が頭にあり、傷、汚れはより目につきやすい。
 
 チェックの際は夫婦など複数の人間(意識)で
 (当社も検査時は加わります)行なうとよいでしょう
 
 
 さて、指摘はしたけどそれを直してもらわないと完了しません
 
 補修に関してですが
 通常、汚れは掃除で、傷は補修で直してもらいます
 
 補修にはもちろん限界があり補修前の方が良かったという
 事もあります。汚い補修の場合はプロの補修を要求するか
 取替えが可能であれば取替え要求することも必要です。
 

 傷、汚れに関しては当社も基準、法律自体がなく
 もめた場合は間で調整を取る事は難しいです。
 お客様自身が強く業者へ要求するしかありません。
 
 それが出来ない方は事前の業者選びを慎重にしてください。
 
 あと、傷、汚れは昼と夜など見え方は違います
 つまり光の当たり具合で見えたり見えなかったりするものも
 あります。
 
 引渡し後気が付いたものですが
 軽微でたいして気にならないものは言うだけ言ってみるか
 あきらめましょう。
 
 どうしても妥協できないような大きなものは
 申し出て直してもらいましょう。
 

iekensa at 22:25│Comments(0)TrackBack(0)号外 長井のコラム 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字