ミサワホーム事務所荒し

2007年02月19日

今日の検査

今日伺った現場も出来が良かったです

まず、午前中に伺った岡崎住宅さん

大工さんがいい方で丁寧にやっております。
断熱材の入れ忘れ、隙間を少し指示しましたが
全体的には丁寧な施工状況です。


午後はトヨタホーム名古屋さんの現場の完成検査

大手メーカーだけあり仕上げはきれいです。
傷、汚れもほとんどなく、
特にクロスの仕上げがきれいです。


この2件とも今までの工程でいろいろ指摘は少し
しましたが担当者の対応は良いです。両社とも
棟数を結構やっているので現場によってはいろいろ
あるかもしれません。


その典型例ではないですが・・・・

先週の金曜日、私が比較的品質がいいと思うメーカー
さんの完成した家の検査に入りました。

結果はいろいろ施工不備が出てきました。

やはり常は第三者検査を意識して職人選定している
ようです。大工仕事の雑さをみてそう思いました。

職人がたくさんいれば やはり
全て同じ品質で造ることは難しいという事です。

家は現場の環境、その時の材料、造り手などで品質
のばらつきは必ず出ます。その管理をきちんとできる
かが重要です。






iekensa at 22:46│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トヨタホーム東京の被害者   2007年05月26日 05:19
トヨタホーム東京の実態
<その1>
トヨタホーム東京(当時の社長は元トヨタ自動車住宅部長)は、工事監理報告書の提出を拒み続けた(建築士法第20条違反)。
東京都建築士事務所協会の照会に対して、同氏は「弊社は工事監理報告書を提出しておりません。このことは、中央建設工事審紛争査会の場で詫びました。」と回答した。
後段の「詫びた」は虚偽の回答です。紛争審査会以降も工事監理報告書の提出を拒み続けたからこそ、建築主が事務所協会に申し立てた。
2. Posted by トヨタホーム東京の被害者   2007年05月26日 05:20
<その2>
トヨタホーム東京の施工では、竣工・引渡し後に床下や壁の裏に多くの瑕疵を見つけた。例えば床下では、床下盛土施工放棄・床下防湿シートの破損・床暖房配管への保護管施工放棄など。基礎工事記録書をやっとのことで開示させると、自社マニュアル違反を数々行っていた。それでも、工事監理をした一級建築士は承認していた。(これは、建築士法違反ではないか)
他の工事記録書の開示を求めると、一変して「社内資料であり見せられない。」と言い出した。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ミサワホーム事務所荒し