2007年03月14日

ホールダウン金物

先週末から東京へ検査へ行ったり移動も忙しく疲れ
を抜くときがありません。そのためブログ、メルマガ
をどうしても書くことができません。


おととい検査に行った現場は、木造でホールダウン金物
の使い方がおかしかったです。

ホールダウンとは↓このような柱を引っ張る金物

ホールダウン

現在でもこのホールダウン金物が変な位置についている
現場が良くあります。

これが法律化されたのは平成12年、地震時に耐力壁が
突っ張ると柱が抜けたりするのでそれを防止する意味で
義務化されました。

どこに付けるかは計算又は表から算定します。

いい加減に勘で付けては意味がありません。
まず、7割くらいの監督、大工は理解していないと
思います。法改正されて7年目たちますが・・・



iekensa at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月12日

欠陥の相談が増えています

昨日、車で東京まで検査に行き、帰宅したのが夜中1時過ぎ
でした。意外に高速道路は夜でも車が多く疲れました。

今日は昨日の都会、東京とは反対に携帯の電波も届きにくい
三河の山の中へ行きました。途中雪がすごく積もったら帰れない
と思い焦りました。

いろんな所へ検査に出かけていますが、遠方が集中するとやはり
疲れます。

先週、今週と完成検査と欠陥調査が多いです。また、検査以外に
最近は非常に「欠陥住宅では」という相談、検査依頼が増えてい
ます。

メールでは24時間以内の返事を心がけておりますが
件数増加とこちらの仕事の都合でできない日が増えています。


欠陥住宅の相談内容で何ともならない内容のものが多いです
期待させてはいけないためはっきり言ってあげることが大事
だと思いますが言われたほうは「何で?」と思います。


断熱材の少々の隙間だとかの軽微なものは相手が拒否したら
何ともなりません。訴訟だと意気込んでも建築に詳しい弁護士
さんなら相手にされないケースもあります。


これらを思うと新築の工事途中のものは軽微なものでも
そのままという事はほとんどありません。業者は直します。

完成した現場の処理の難しさを改めて思います。




iekensa at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月08日

急な検査

今日は朝一番に1件完成検査に行きまして

午後は2件の合計3件のつもりでしたが昼、急に基礎の
配筋検査の依頼があり夕方5時30分に最終1件行きました

基礎の検査は日が落ちると写真が撮り難くギリギリでした。

急な依頼も出来るだけ受けるようにしています。


ご自身で現場を見に行き急に不安になる事はありますよね
ですからできるだけ対応します。



さすがに4件廻ると報告書の作成が大変です。やっと今終り
ました。


明日も3件検査が入っています。少し遠方の現場もありまた
大変です。

iekensa at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月07日

管理? 監理?

本日、大工完了検査に行った現場は先回の指摘が全く
直っていませんでした。

現場監督が怠慢なのか職人が言う事聞かないかわかり
ませんがあきれた現場管理状況です。


良く、監督が現場に来ない管理はどうなっているという
お話を聞きます。ここで管理を説明します。


現場管理と現場監理の2種類があるのをご存知ですか?

監理は図面どうり、基準どうりに施工がされているか
を確認する仕事です。これは主に設計者の仕事です。
ただ、普通の住宅現場では設計事務所に依頼しない
限り行なわれる事は少ないです。
欠陥住宅などの責任を問われるのは主に監理者です。


管理は現場監督の仕事で現場の工程、品質、安全、原価
などの管理をします。主に職人への指示などが仕事です
品質の管理はなかなか他ごとに忙しくおろそかになり
がちです。

ハウスメーカーさんなどは下請けの現場監督が現場を管理
するため下請けの管理が主な仕事の場合がります。







iekensa at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月05日

基準外施工

今日は天気の悪い中、基礎の配筋検査に行ってきました。

検査を行なっていて迷う事は基準にないことが出てくる
場合です。(良くあります)


マニュアルだけに頼っているとOKですが

いろいろこれで「いいのか」などと迷います。

特に基礎は構造体のため少し変わった施工があると
耐力的にどうかの判断になります。


不安を感じる箇所は出来るだけ鉄筋を増やすなど
補強してもらっています。


今年は暖かく型枠(コンクリートを止める枠)の設置期間を
短縮したいとかコンクリートの温度補正(寒い時期は固まりに
くいため強度を増す)をなくしたいという相談が職人から多いです。
ただ、明日から急に寒くなるなど条件が変わるためできるだけ基本
どうりを薦めています。

iekensa at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)