2012年01月03日

新規記事はこちらへ引越ししました

ブログご購読ありがとうございます。

ブログを下記へ移転しました。
新規の記事は今後こちらへUPいたします。

  http://www.ie-kensa.com/blog

iekensa at 09:11|Permalink

2011年12月27日

事例438『隠蔽された シロアリ被害』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 仕事は明日までですが、
 午前中、大掃除を済ませました。
 
 今日は天気がいいので、窓ふきも寒くなかったです。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「隠蔽された シロアリ被害」
 __________________
 
 438

 
 
 ◆写真解説
 
 中古住宅検査で発見した床下のシロアリ被害。
 
 売主は不動産業者。
 表面だけ綺麗にリフォームし、見えない箇所は隠蔽したようです。
 
 
 ◆内容説明
 
 写真の上の矢印は、床根太の被害。
 下の矢印は、蟻道。
 
 床下のことですから、業者も知らなかったかもしれない。
 しかし、内部をほとんどリフォームするついでに
 床下の確認は容易にできたはずです。
 
 
 本例のように、不動産業者が中古住宅を買取り、
 きれいにリフォームして売るケースが多い。
 
 見た目がきれいな方が、売りやすいし
 高く売れるんでしょう。
 
 、
 あとで隠れた瑕疵が発覚する事があります。
 見た目だけで購入を決めてしまうのは危険です。
 
 
 ◆対策
 
 床下に入ることが出来れば、
 本例のようなシロアリ被害を見つけることは容易です。
 
 購入に際し、細部を検査する事が重要です。
 
 
====================

■(2)編集後記

 昨日は、雪で高速道路が大渋滞。
 そのため、電車で移動しましたが、特急の指定席は満席。
 気温も低く、大変な日でした。
 
 
 これだけ寒いと、結露がひどくなると思います。
 
 水蒸気は人の息からも出ます。部屋を締め切って寝ると、
 表面温度が低いガラスやサッシ枠で結露しやすい。
 
 
 結露対策は以下の2つ
 ・室内の水蒸気量を減らす。
 ・結露する面の温度を高くする。
 
 その理由は、温度によって空気中に含まれる
 水蒸気量が決まっていて、(高いほど多い)
 飽和量を超えると水になるからです。
 
 
 水蒸気量を減らすには、換気(換気扇)、除湿(エアコン、
 排湿機能付き換気扇、除湿機)、吸湿(エコカラット、天然木など)。
 
 窓、壁の温度を高めるには、高断熱化や、2重窓などが有効です。
 
 
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 


iekensa at 14:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)シロアリ 

2011年12月23日

事例437『鉄筋かぶりなし』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝は5時半から仕事しています。
 早く帰るつもりが、もう21時半。
 
 明日も難しい検査があるので、
 これを書いたら帰る予定です。

 
 
■(1)今回の事例___________

  「鉄筋かぶりなし」
 __________________
 
 437

 
 
 ◆写真解説
 
 基礎外周部、折り曲げた鉄筋が下に付いている。
 かぶりはゼロで、基準法違反です。
 
 
 ◆内容説明
 
 基礎底の形状が、オールフラットのベタ基礎。
 
 外周部を掘り下げないために、
 スラブ鉄筋の折り曲げの先端が、
 捨てコンに付いている。
 
 
 折り曲げ方向をかえることで、
 是正させました。
 
 
 ◆対策
 
 設計時に配慮すれば、防くことができる。
 
 
====================

■(2)編集後記

 
 昭和56年以前に建てられた木造住宅は、
 無料で行政の耐震診断を受けられます。
 
 私も7年くらい前、愛知県に検査員登録し、
 今でも時々、検査に行きます。
 
 
 耐震補強に前向きな方は、すでに診断を終えている。
 
 今、受ける人の大半は、市役所から勧められるなど
 タダですし、とりあえず受けてみようかという人が多い。
 
 だから、「検査して意味があるのか」とか、
 「どうせ検査しても補強する金はない」など
 検査に行って、文句ばかり言われることもある。
 
 役所絡みの仕事、
 「では検査をやめましょうか」とは言えないので
 嫌な気分で業務を遂行することになります。
 
 
 真剣に取り組む依頼者が減っている中、
 税金を使った耐震診断を、今後も続けないといけないのか。
 
 もしかしたら、以下の理由があるように思えます。
 
 
 当時の建築基準法の耐震基準が弱かった。
 
 その責任として、行政負担で耐震診断を行い、
 さらに、補強工事に補助金を出す。
 
 さんざん宣伝しているのに診断を受けない人。
 診断を受けて「倒壊する」と結果が出たのに
 何も補強工事しない人に対し、
 
 大地震が来て、家が倒壊しても、自己責任だと
 行政は突き放す。
 
 
 次の大地震の発生が、
 できるだけ遅いことを祈るしかありません。
 
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 

iekensa at 22:15|PermalinkTrackBack(0)基礎かぶり、コンクリート 

2011年12月20日

事例436『表面上分からない シロアリ被害』

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の予定3件は、全て自宅付近の現場。
 家から直行予定で、出発前に自宅で書いています。
 
 年末の休みまであと1週間ほど。
 明日は、大規模の建物調査があり、
 まだまだ気が抜けません。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「表面上分からない シロアリ被害」
 __________________
 
 436

 
 ◆写真解説
 
 木造住宅の床束。表面上は分からないが、
 内部はシロアリに喰われ空洞化している。
 
 
 ◆内容説明
 
 叩くと軽い音がしたので、マイナスドライバーを刺したら
 中が空洞だった。
 
 床下は、換気孔から光が入るため、
 光を嫌うシロアリは、表面を喰わないようです。
 
 床下で、シロアリの有無を調べる時は、
 木材を叩いてみることも重要です。
 
 
 ◆対策
 
 シロアリ被害を防ぐには、
 定期的に検査をして、早期発見すること。
 
 
====================

■(2)編集後記

 
 11、12月は、完成現場が多かったです。
 
  忙しくなると、仕上げ工事も雑になる?
 
 実際はそうでもなく、先週あたりは1年を通じ、
 きれいに仕上がっている現場が多かったです。
 
 
 「傷や汚れは、仕方がない」
 過去、建築業界では当たり前の考えでした。
 
 今でも、そう思っている人、
 実際に口に出して言う人は、未だにいます。
 
 
 断熱や構造など、建物の性能の向上に伴い、
 細部の施工精度も重要になっています。
 
 仕上げをおろそかにする姿勢は、見えない壁内など、
 他の部分もきちんとしていない可能性が高く、注意が必要です。
 
 
 業者の見極め方の一つ、
 「完成時、私が傷、汚れを検査する機会はあるか」と聞く。
 
 「ありません」とか
 「30分でお願いします」
 
 などの回答は、品質を重要視していない事が分かります。
 
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 

iekensa at 08:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)シロアリ 

2011年12月16日

事例435『鉄骨造床、溶接金網のジョイント』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 建築士定期講習受講のため、
 今日は、一日ビルに閉じこもります。
 
 設計事務所に所属する建築士だけ
 受講義務があるのは不公平だと思いながら
 
 これを受けないと、仕事できないので
 何とか日にちを空けました。
 
 
■(1)今回の事例___________

  「鉄骨造床、溶接金網のジョイント」
 __________________
 
 435

 
 
 ◆写真解説
 
 鉄骨造の床、コンクリートを流す前の写真。
 
 溶接金網接合部の重ね不足。
 本例の基準は200mm必要。
 
 
 ◆内容説明
 
 床コンクリートの補強、又は、
 ひび割れ防止の役割をする部材。
 
 接合部は網目の150mm+50mm=200mm
 重ねる必要があるが、130mmしか重ねられていない。
 
 
 ◆対策
 
 継手の基準を、現場監督や、職人が知らないケースが多い。
 
 コンクリートを流し込む前に検査をする。
 
 
====================

■(2)編集後記


 今週もいくつか、欠陥住宅の指摘に対する反論が来た。
 
 相変わらず、基準法を知らないと思える
 デタラメな主張が多い。
 
 悪気はなかったと、言いたいのだろうが、
 プロである以上、知らなかったでは済まされない。
 
 
 また、未だに多い反論が
  ・確認申請が通っている。
  ・中間、完了検査に合格している。
 
 欠陥かもしれないが、確認申請や検査がOKなんだから
 いいだろうという、責任逃れな回答。
 
 確認申請を行なっている行政、民間の検査機関は
 「検査ではない。図面や監理がきちんとしている前提の上、
  確認をしているだけ」と表明している。
  
 姉歯マンション偽装事件でも
 行政への責任は、ほとんど問われていない。
 
 まして、2階建ての住宅で、構造は審査対象外なら
 責任がそこへ行くはずもない。
 
 
 近年では、長期優良住宅制度ができるなど
 住宅の基準も年々変化していく。
 
 建築の基準が新しくなっても、税制改正のように
 TVや新聞では取り上げてくれない。
 そのため、自ら勉強しない者の知識は、時代遅れになる。
 
 
 現場検査に行った際に、職人たちに基準の話をしているが
 「知らなかった」と言われることが多い。
 
 図面を書く建築士が無知でもダメですが、
 職人の無知も、間違った施工を招く原因になる。
 
 このあたりを変えていかないと
 欠陥住宅は減らないでしょう。
 
 
 
 ブログの引越しをしました。
 本年度中に完全移転の予定です。
 ↓こちらで読者登録していただくと、更新をメールで知らせてくれます。
 
 http://ameblo.jp/kanomu-kensa
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 

 

iekensa at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)躯体全般